サミュエルズ大佐

2ちゃんねるの芸能とスポーツのまとめブログやってます。

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 05:49:27.45 ID:CAP_USER9

サムネイル なぜ、言う必要があるのか?

現在開催中のWBCで無敗で決勝トーナメントに駒を進めた侍ジャパン。
残念ながら準決勝で米国に惜敗したものの、第2ラウンドまでは全勝、
しかもほとんどの試合を乱打戦を制しての勝利ということもあり、ファンはおおいに盛り上がった。

なかでも特に今大会のベスト試合にあげられるのが、12日に行われた「日本×オランダ」の一戦だろう。

日本が得点してはオランダがしぶとく追いついていくという絵に描いたようなシーソーゲームは延長11回のタイブレークに突入。
中田翔が値千金の2点適時打を放ち、逃げ切ることに成功し、約4時間半にも及ぶ激戦にピリオドを打った。
そのため、東京ドームでその結末を見届けた野球ファンたちは最終電車を逃す人が続出したものの、
ほとんどの観客がそれも気にならないほど日本の勝利に歓喜した。

ところが、その勝利の余韻を打ち消しにするような発言をして叩かれている著名人がいた。

「14日放送のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』での太田光の発言ですね。
同試合の野球中継を担当したテレビ朝日で21時から放送予定だった番組『現役・OBレスラー200人&ファン1万人がガチで投票!
プロレス総選挙』に出演した太田ですが、試合時間の大幅延長で、深夜0時過ぎからの放送となったことで
『どうしてくれるんだ。なんなんだ、アレは!』と嘆いていました。さらに『打ち切りゃいいじゃねぇか』と野球放送を打ち切るべきというまさかの暴言。
太田の気持ちもわからなくもないが、19時から野球中継がスタートして、2時間できっちり試合が終わることのほうが少ない。
視聴率が取れるWBCの中継を打ち切ることはまず考えられませんから、太田もジョークのつもりで言ったのでしょう。
しかし、まったく誰も期待してないジョークですから、盛り上がりに水を差したと感じる野球ファンも多く、
かなり反感を買ってしまったようです」(エンタメ誌ライター)

野球ファンからは「冗談でも許せない」「冷める発言する意味がわからない」「やっぱ太田は嫌いだわ」「大物芸人は勘違いしてるのかひと言多いね」など、残念ながら賛同は得なかったようだ。

リアルなスポーツが庶民にもたらす熱気は、芸人の軽口やギャグでは簡単に消火できないことをそろそろ知ったほうがいいかもしれない。

アサ芸プラス3月23日(木)17時59分
https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0323/asg_170323_6645534194.html

続きを読む

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 14:26:27.63 ID:CAP_USER9

サムネイル 3月14日、「第12回GINZA FASHION WEEK」オープニングイベントに登場した元サッカー選手の中田英寿氏。
ファッショナブルなことでも有名だが、ファッションデザイナーのドン小西氏は唯一の欠点を指摘する。

*  *  *

現役時代からナリコレって呼ばれた帰国時のファッションを何度もチェックしてきたけどさ。
当時からファッショナブルなことでは、日本のアスリートでナンバーワン。
しかもいまだに誰も、この人を超えてないもんな。最近のナリコレっていえば本田圭佑選手が有名だけど、次元からして全然違うって。

この日もファッションは、カンペキの一言だよ。
ブルーのシャツにネクタイで最新のジーンズファッションを提案しつつ、靴にカラシ色を持ってくる心憎いコーディネート。
元アスリートだけにスタイルもいいし、着こなしのツボも知ってる。
あたしから見ると、一ミリのスキもない、ほれぼれするようなオシャレっぷりだよね。

ただし、だ。聞いてみると、つきあったら疲れそうだのナルシストだの、世間の女性たちの評判は散々。
ファッション界でもリラックスがトレンドになって、この手のスキのないオシャレさんは、浮く存在になりつつあるんだろうね。
ま、この人は、今も変わらぬスーパースター。だからこそ、ここらで少し肩の力を抜いたファッションに挑戦してみるのも手なのかも?

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170322-00000083-sasahi-socc
dot. 3/24(金) 11:30配信

https://cdn.images-dot.com/S2000/upload/2017032200083_1.jpg
http://shooty.jp/wp-content/uploads/2015/08/4976fd83f233ca6fc459e8a6b21edf9c.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/pandanews_/imgs/a/9/a9ae02d9.jpg
http://shooty.jp/wp-content/uploads/2015/08/4ac00300a56c37df4889d20e9404d129.jpg
https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20131004%2F14%2F1273324%2F62%2F262x349x21649ba95dd3f99c6fa3dd77.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg
http://blog-imgs-29-origin.fc2.com/k/y/o/kyoukararock/83156a1d.jpg
http://shooty.jp/wp-content/uploads/2015/08/4b8522128f29ccdfc7b116bc2fe6892c.jpg

続きを読む

1 :イセモル ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 08:59:21.98 ID:CAP_USER9

サムネイル 人気司会者2人がそろっても大惨敗だった。フジテレビが19日に日曜夜の番組「フルタチさん」と「Mr.サンデー」を合体した「フルタチさん×Mr.サンデー合体SP」の4時間特番を放送。午後7時からの視聴率が5.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)、午後9時からの視聴率が7.6%だったのだ。

日曜夜の時間帯は日テレの“独り勝ち”状態が続いて、フジも何とかテコ入れしようとしたのだろう。だが、とてもゴールデンタイムに堪えられる数字ではない。

芸能評論家の肥留間正明氏がこう言う。

「以前と比べて、2人とも“鮮度”が落ちている。しかも、話す内容は“水と油”のような感じで、噛み合っていなかった。企画力で勝負するのではなく、有名な2人を出しとけばいいだろう——という“タレント任せ”の番組作りがミエミエでした。裏番組の日テレ『ザ!鉄腕!DASH!!』や『世界の果てまでイッテQ!』には、真剣さやひたむきさがある。視聴者は見抜いてますよ」


以下略で送りしております。 全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/202023

続きを読む

1 :プーアル ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 15:10:37.10 ID:CAP_USER9

サムネイル 現在、都内のリトルリーグで息子が活躍する大野規之さん(仮名・44歳)は、息子が以前所属していた野球チームで味わった屈辱を、
今でも忘れられないでいる。そのチームは、監督とコーチが甲子園経験者で子供たちの父親も半分以上が野球経験者。
この“父親の野球経験の有無”が、強烈なカーストをつくり出していたという。

「高校野球をやっていた人たちって、学校や学年は違ってもなんらかの繋がりや仲間意識があるんですよ。『××高校? あ、〇〇さんには
大学でお世話になりました』みたいにね。さらに、強豪校や甲子園経験などさまざまな要素が絡んでピラミッド型のカーストができあがる。
ちなみに、最下層は野球経験のない僕らです(笑)」

 最下層グループの父親たちは、完全に裏方扱いでこき使われることに。用具の運搬から遠征時の運転手、打ち上げ会場の手配まで、一方的に押し付けられたとか。

「彼らからしたら、『野球できないんだから裏方くらいやれよ』って感覚。酔っ払った監督を家まで送ったりもしましたよ。まぁ奴隷要員ですね、未経験者は」

 だが、そんな父親の努力のかいあって、大野さんの息子はメキメキと頭角を現していき主力メンバーに。すると今度は強烈な嫉妬と妬みに苛まれることになる。

「息子がレギュラーになったら、これ見よがしに『お父さんは野球したことないのにね〜』なんて言われましたよ。レギュラー取られた子の
親がコーチだったんですけど、わざと僕や息子を無視するようになりましたし。一番可哀想なのはそのコーチの息子で、八つ当たりで壮絶にしごかれてましたね」

 子供を自分の身代わりと勘違いした“チチロー”気取りが、現場を混乱の渦に巻き込んでいく。

https://nikkan-spa.jp/1295449

続きを読む

1 :動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 21:03:04.33 ID:CAP_USER9

サムネイル 朝日新聞デジタル 3/24(金) 20:58配信

(24日、大相撲春場所13日目)

 日馬富士はまず、「稀勢の里、大丈夫ですか」と気づかった。61度目の対戦。
「いつも楽しみな相手。お客さんがわくような激しい相撲を取ろうと集中した」といい、
すさまじい出足を見せた。それが稀勢の里には不運なことに。自身もけがで苦しんできた。
改めて稀勢の里について振られると「勝負事なのでね」と、ひとこと口にしたが、表情は硬かった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00000107-asahi-spo

続きを読む

1 :たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 14:26:02.43 ID:CAP_USER9

サムネイル https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00000062-dal-ent
デイリースポーツ 3/24(金) 14:10配信

 タレントの東野幸治(49)が24日、都内で、CMキャラクターを務める日清食品の新製品「カップヌードル ナイス」のプロモーション発表会に、同じくCMキャラクターを務めるタレントで漫画家の蛭子能収(69)と出席した。

 濃厚な味わいながら、糖質や脂質、カロリーを大幅カットした新製品で、キャッチフレーズは「罪悪感ないス!」。最近の「罪悪感」を問われた東野は「やりづらいな、というのは1つありまして、『ワイドナショー』という番組を、松本(人志)さんとやってるんですけど、まさかのカップ麺で競合するとは…」と明かした。

 松本は今春から、ライバル会社である東洋水産のカップ麺「MARUCHAN QTTA(マルチャンクッタ)」のCMキャラクターに就任。それだけに「もう、彼の意見には賛同しません」と、松本と“絶縁”を宣言。「僕の方が“バカまじめ”ですから、大丈夫です」と、松本が日本郵便のCMで使用しているキャッチフレーズを流用して笑いを誘った。

続きを読む

1 :大翔 ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 22:30:57.03 ID:CAP_USER9

サムネイル 豊福晋  | ライター 3/24(金) 6:05

前日本代表監督のハビエル・アギーレは現在、UAEのクラブ、アルワダの監督を務めている。日本、UAEの双方を知る彼にとって、この試合は特別な試合だった。

かつての指揮官の眼に、2年後の日本代表はどう映ったのかー。

「日本の快勝だった、そう言っていいだろう。日本にとっては、最終予選突破に向けた大きな一歩だ。個人的には、ピッチに2年前の代表選手たちがたくさんいたし、この地で再び彼らの姿を見るのは感慨深いものがあった」とアギーレ。

真っ先に挙がった名前は、先発に復帰しゴールマウスを守った川島だ。

「試合の流れを決定付けた一番のポイントは、あの川島のセーブにあった。エリア内で1対1の状況で打たれたシュートを、彼は見事にセーブした。決まっていてもおかしくないシーンだ。あれで1−1にならなかったことは日本にとって非常に大きかった。

あそこで追いついていればUAEはさらに勢いに乗って攻めてきただろうし、スタジアムの雰囲気も変わっていたはず。久しぶりの代表戦だったが、決定的な場面でしっかりと仕事をした川島は讃えられるべきだ」

試合前、アギーレはキャプテンを務めた吉田麻也と連絡をとっている。ピッチに立つ主将の姿は、その目に頼もしく映った。

「オマルのように、UAEは個人技のある選手も多い。しかし日本にはマヤがいた。プレミアで経験を積み、年々成長している。1対1の局面を冷静に止めていたし、素晴らしいパフォーマンスだった。

現代表の守備組織を、日本人は誇っていい。よくオーガナイズされているし、CBの前の今野と山口も安定感を与え、両サイドの原口と久保も献身的にサイドの守備に参加する。1点勝負になる予選の試合において、この組織力は日本のストロングポイントだと思う」

アギーレが試合前に繰り返していたのが、“先制点を取った方が勝利を手にするだろう”ということだ。当然ながら、貴重な先制点を奪った久保への評価も高い。

「久保はこのチームの中でいいアクセントになっている。1点目はDFの裏へ完璧なタイミングで抜け出し、一瞬でUAEの守備陣を崩した。

シュートは冷静だったし、ベルギーでの好調を代表でも活かすことができた。アシストの場面も足元でなく、今野が走ってくる逆サイドをしっかりと見ていた。日本の右サイドはうまく機能している」

その一方で、アギーレ時代に攻撃の中枢にいた本田や岡崎は、今ではベンチに座っている。世代交代ー。そう囁かれる現状に、彼は首を振る。

「まあ見ていてくれ。本田も岡崎も、これから日本が重要な試合を迎える時、その価値が明らかになるだろう。最終予選の最後の決戦、あるいはワールドカップでのブラジル、スペイン、ドイツら強豪との対戦ー。

そういった試合では、彼らの能力、積み重ねた経験、大舞台での強さが、間違いなく活きてくる。彼らは終わったわけじゃないんだ。むしろ、これからその重要性が示されるはずだ」

決定機をしっかりとものにし、守備でも危なげなかった日本。アギーレが感じたのは、日本が成長しているという確信だった。

「日本をロシアに連れていくこと。それが就任時の夢だった。挑戦は志半ばで終わったが、それも人生。いいこともあれば、理解できない不運が降りかかることだってある。

重要なのは、その後も日本が順調に成長を続けていること。2年後の日本代表はたくましかった。予選突破の可能性は高いし、これからもさらに進化していくだろう。ロシアで戦う彼らの姿を、ぜひこの目で見たいと思っている」
https://news.yahoo.co.jp/byline/toyofukushin/20170324-00069058/

続きを読む

1 :ベクトル空間 ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 21:45:33.17 ID:CAP_USER9

サムネイル 稀勢の里 出場は25日判断へ

寄り倒しで敗れ、初黒星を喫しました。
大関の照ノ富士は横綱・鶴竜に寄り切りで勝ち、1敗を守り、
優勝争いは稀勢の里と照ノ富士が1敗でトップに並ぶ展開となりました。
稀勢の里は取組の際に左の肩から胸のあたりを痛めたため、支度部屋で応急処置を受け、
救急車で大阪市内の病院に向かいました。

横綱・稀勢の里の師匠の田子ノ浦親方は、稀勢の里が治療を受けている大阪市内の病院に午後7時ごろ、駆けつけ、1時間ほどで病院をあとにしました。
その際に田子ノ浦親方は稀勢の里の状態について「ちょっと様子を見て」と繰り返し話し、
14日目の出場については25日判断する考えを示しました。
また、稀勢の里が痛めた場所については「テレビで見たようなところ」とだけ述べました。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/1076059231.html

続きを読む

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 18:27:25.40 ID:CAP_USER9

サムネイル 代表3試合目で初ゴール

日本代表は現地時間23日、ロシアワールドカップに向けたアジア最終予選第6節でUAE(アラブ首長国連邦)と対戦し、2−0で勝利した。
その結果、グループBで2位をキープし本大会出場に近づいた。
この試合で先取点を挙げたヘントFW久保裕也は、ベルギーメディアでも話題となっている。

久保裕也のゴールが生まれのは14分。右サイドのDF酒井宏樹から繰り出されたスルーパスにFW久保裕也が抜け出すと、
ゴールエリア脇の角度の少ない位置からGKのニアサイドを打ち抜くシュートを放ち、先制に成功。
ベルギー1部リーグ第30節メヘレンで“4人抜き”のスーパーゴールを決め、絶好調のゴールハンターが代表で初ゴールを記録した。

ベルギー『De Morgen』は、「『スシボンバー』が日本代表でもゴール」と見出しをつけ報道。
さらに久保の活躍ぶりについて「久保裕也はヘントで好調を維持しているが、彼は裏への抜け出しから日本代表でもゴールを決めている。
ストライカーはワールドカップ予選のUAE戦で先制弾を決めた」と伝えた。
かつてドイツで活躍した高原直泰から“スシボンバー”の異名を受け継いだ久保裕也は、
この試合で今野泰幸の追加点までもアシストし、代表でも素晴らしい結果を残している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00010022-theworld-socc
theWORLD(ザ・ワールド) 3/24(金) 17:10配信

http://cache8.nipc.jp/soccer/japan/news/img/kuboP2017032305798-w300_0.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/myamo99/imgs/c/1/c1e7aa17.jpg

続きを読む

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 20:16:00.65 ID:CAP_USER9

サムネイル あの「ミュージックステーション」が街頭インタビューをねつ造していた!? 問題となっているのは昨年9月19日の「MUSIC STATION ウルトラFES 2016」(テレビ朝日系)内で放送された
「日本に影響を与えた曲ベスト100」という企画。これはアンケート調査で選ばれた100曲を紹介するもので、18位にきゃりーぱみゅぱみゅの「つけまつける」がランクインしていたものだ。

番組では全身をピンクの衣装で包んだ人物が街頭インタビューに登場し、「影響されたアーティストは誰ですか?」
との質問にきゃりーの名を挙げていたのだが、これがやらせだったというのである。
音楽ライターが苦笑交じりに語る。

「この人物は『魔法少女ひめたす』という地下アイドルで、その本人が3月22日にツイッターでやらせの真相を暴露したのです。
それによると、最初はしょこたん(中川翔子)と答えたものの、スタッフから『撮り直すのできゃりーぱみゅぱみゅって言ってください』と指示されたのだとか」

これが事実ならやらせどころか、完全なねつ造と糾弾されるほどの一大事だろう。
しかも、本来ならこんなねつ造をでっちあげる必要などなかったというのである。音楽ライターがこう首を振る。

「きゃりーは原宿のカワイイ文化を代表する存在なのに、この撮影チームはなぜか新宿で街頭インタビューしていたんです。
新宿には地下アイドルの出演するライブハウスが多いほか、ヘビーメタルやヴィジュアル系のCD専門店もあるなど、
原宿とは真逆の人種が集まる場所。そこできゃりーのファンを探すとは見当違いにもほどがありますよ」

その新宿と原宿はJR山手線でわずか2駅、距離にして3キロしか離れていない。
その近さにも関わらず原宿ロケを行わなかったのは、きゃりーに対してもあまりに失礼な話ではないだろうか。
テレビ朝日は視聴者だけでなく、出演アーティストまで裏切ってしまったのかもしれない。

アサ芸プラス3月24日(金)17時59分
https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0324/asg_170324_2265404541.html

続きを読む

このページのトップヘ