サミュエルズ大佐

2ちゃんねるの芸能とスポーツのまとめブログやってます。

2017年02月

1 :影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/:2017/02/28(火) 00:36:51.61 ID:CAP_USER9

サムネイル サッカーJ1からJ3まで全試合を今季から中継、有料配信するサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」で26日、
この日開催されたJ1唯一の試合、G大阪—甲府(大阪・市立吹田スタジアム)が当初案内されたチャンネルで視聴できないトラブルがあった。

本格的に開幕した25日に続く混乱で、サポーターから不満の声が出ている。

JリーグはDAZNを提供する英国のパフォーム・グループと10年で約2100億円の巨額契約を締結。
新視聴形態で注目されるが、かねてインターネットは通信環境によって映像の状態が不安定になるなどの懸念がささやかれていた。

開幕した25日には一部の試合で約20分間も画面が止まったほか「プレー映像が途切れた」「画質が悪い」などと契約者から不満の声が出ていた。

この日のトラブルを受け一部サポーターが反発。各種情報サイトのコメント欄には「ライブ配信じゃなければ意味がない」
「金を返してほしい」「契約不履行だ」などの声が書き込まれた。

第2節以降も視聴できないトラブルが続けば、DAZNだけでなく、導入を決めたJリーグへの不信感などを含め大きな波紋が広がりかねない。
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/656451/

続きを読む

1 :YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/27(月) 16:58:14.26 ID:CAP_USER9

サムネイル 【第26回東京スポーツ映画大賞授賞式(26日)】作品賞に輝いたのはアニメ映画「この世界の片隅に」。こうの史代の同名コミックの映画化で、第2次世界大戦中の広島・呉を舞台に、前向きに生きようとするヒロインと、その周囲を取り巻く人々を丁寧に描き、感動を呼んだ。

 能年玲奈から改名したのん(23)が主演の声優を務めたことでも話題に。当初はミニシアターの上映から始まったが、評判を呼んで全国の映画館から上映依頼が殺到。最初は60スクリーンで上映し、ここまで300スクリーン、約130万人が作品を見るなど、ロングラン大ヒットとなった。

 この作品を含め、最近はアニメで大ヒット映画が続出していることについて、ビートたけし審査委員長(70)は「勝てねぇな、アニメには。圧倒的な差をつけられている。自分も含め、役者さん、監督も奮起していかなきゃいけない。自分の心が動画に投影できるような作品は素晴らしい」と、独創的な映像表現がアニメでは成功していることを挙げて絶賛した。

 現在、メキシコで行われているプレミア上映会に片渕須直(かたぶち・すなお)監督とのんが出席しているため、代理で受賞した東京テアトル株式会社代表取締役社長の太田和宏氏は「この作品は、共感力がすごかった。多い方で9回も見た方がいた」とヒットの理由を分析。今後は「戦争の中の日常というのは普遍的なテーマ」として、さらに海外での上映が増える可能性もあるという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000049-tospoweb-ent

続きを読む

1 :あずささん ★@\(^o^)/:2017/02/28(火) 07:30:36.10 ID:CAP_USER9

サムネイル 将棋連盟を揺るがす大騒動に新展開だ。三浦弘行九段が対局中に将棋ソフトを使って不正行為に及んだとする疑惑について、連盟の設置した第三者委が「シロ」判定を出し、拙速に三浦九段への出場停止処分を下した責任を取って谷川浩司会長が辞任。棋士総会では他の理事たちの解任動議も提出され、三浦九段への処分を批判する反執行部派が勢いづいている。

ところが、ここにきて「あの記事は三浦九段の“勇み足”では……」(連盟関係者)と懸念される事態が起きているのだ。

問題の記事は2月7日付でウェブメディア「iRONNA」に掲載された三浦九段のインタビューだ。記事中で三浦九段は、〈私が不正をしているという噂をまき散らし将棋界を無茶苦茶にした観戦記者の小暮克洋氏だけは、許せない〉と特定の記者を騒動の“黒幕”と名指ししたのである。

「小暮さんはフリーのベテラン記者で、今回の疑惑を告発したかたちになる渡辺明竜王とも親しい。ただ、三浦九段に小暮さんの実名をあげて批判するだけの根拠があったのか。なければむしろ、反撃を受けるのでは」(同前)とみられている。

記事が出て以降、沈黙を守ってきた小暮氏を直撃すると、心境をこう明かした。

「怒りを通り越して呆れています。名誉毀損だし、こんなバカな話はない。たしかに渡辺さんの相談には乗っていました。今はっきりしたことは明かせませんが、当時(三浦九段は)限りなく『クロ』だという認識でした。渡辺さんも相当悩んでいて、最終的には(連盟の)理事に相談した。本来、渡辺さんの役割はそれだけのはずでしたが、(三浦九段への聞き取り調査を行なった)常務会に、三浦さんの要望で渡辺さんが証人として呼ばれ、告発の責任者のように扱われてしまっている」

あくまで責任は処分を下した連盟執行部(常務会)にあり、小暮氏を批判するのはお門違いとする主張だ。小暮氏が続ける。

「(記事掲載以降は)仕事にも影響が出ている。法的手段? 私だけでなく渡辺さんの名誉が守れる方法を弁護士と相談しながら考えている。将棋連盟のためにもできるだけ丸く収めたいと思っているが、真実から目を背けることはできません。私なりに名誉を守ります」

連盟に賠償を求める立場だった三浦九段が、逆に訴えられる側になれば、まさに泥仕合だ。棋界の正常化はまた遠のくことになる。

ソース/NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20170228_496690.html

続きを読む

1 :YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/27(月) 17:08:17.62 ID:CAP_USER9

サムネイル ●全国の男女13546人に調査
 カドカワが提供する、エンターテイメントの最新消費者動向を独自のユーザー調査から読み解く、企業向け定期サービス“eb-i Xpress”は、全国に住む5〜69歳の男女を対象とした“卒業ソング”ランキングを発表した。

 以下、リリースより。

−−−−−−−−−−

映画・テレビ・ゲーム・コミック・音楽などエンターテイメントの最新消費者動向を独自のユーザー調査から読み解く、企業向け定期サービス『eb-i Xpress』(イー・ビー・アイ・エクスプレス/配信元:カドカワ株式会社)。今回『eb-i Xpress』では、来たる卒業シーズンにあわせて、全国47都道府県に在住する5〜69歳の男女を対象とした、「卒業ソング」ランキングを発表いたします。

【心に残る思い出の「卒業ソング」 総合ランキングTOP20】

※心に残る思い出の「卒業ソング」を1曲選出の上、その理由やエピソードを記入していただきました。

●全世代が支持! 心に残る思い出の「卒業ソング」1位は、卒業式の定番「仰げば尊し」。
今回『eb-i Xpress』では、3月の卒業シーズンにあわせて、心に残る思い出の「卒業ソング」について調査を実施し、ランキングとして発表いたします。
総合1位は「仰げば尊し」(唱歌・合唱曲)です。男女・年齢別ランキングでもトップを獲得、幅広い支持を集めました。総合2位の「贈る言葉」(海援隊)同様、主に30代以上の世代における定番ソングとして親しまれ、“卒業式で歌った”という声が多数寄せられました。なかでも「仰げば尊し」については、“いろいろな世代・場面で聴いてきたがやはり良い曲”(52歳・男性)、“この曲を聴くと胸が熱くなる”(61歳・男性)、“卒業の嬉しさと不安が交錯し、涙が止まらなかったことを思い出す”(65歳・女性)など、特に50〜60代からの卒業にまつわる思い出が多く集まりました。
一方、総合3位の「旅立ちの日に」(唱歌・合唱曲)は、“卒業式で歌って大好きになった”(12歳・男性)、“1番感動する”(22歳・女性)、“卒業式で歌った。切ないけれど、未来への意志を感じる曲”(26歳・女性)といったコメントとともに、10〜20代の定番「卒業ソング」として票を集めました。
そのほか世代別の特徴として、低年齢層の票を集めたのが「YELL」(いきものがかり/総合7位)です。“卒園式の歌”(8歳・女性)、“今、練習している”(10歳・男性)、“卒業式で歌ってウルっときた”(13歳・女性)といったコメントが寄せられました。さらに「栄光の架橋」(ゆず/総合10位)、「キセキ」(GReeeeN/総合11位)についても、低年齢層による支持が高い傾向が見られました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000016-famitsu-game

続きを読む

1 :muffin ★@\(^o^)/:2017/02/27(月) 17:50:42.20 ID:CAP_USER9

サムネイル http://news.livedoor.com/topics/detail/12728178/
2017年2月27日 12時55分

2月25日、Hi-STANDARDのメンバーでKen Yokoyama名義でソロ活動も行うミュージシャンの横山健がInstagramを更新。
彼は「チバくんつかまえたずらよー!」と、元THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのメンバーで現在はThe Birthdayで活躍中のミュージシャン、チバユウスケとのツーショット写真を公開した。

写真でチバは黒いジャケットに黒いシャツ、大きなサングラスといったクールなファッションがバッチリと決まっているものの、首には唐草模様の風呂敷がかけられており、笑顔の横山に捕獲されている……。
その姿が何ともシュールでとっても楽しげなショットだ。


チバが所属するThe Birthdayは2月23日、24日に開催されたKen Yokoyamaのツアー『The Rags To Riches Tour �W』の名古屋・岐阜公演に出演。
ふたりの共演についてファンからは「ライブ、幸せでした ありがとう」「最高な汗をかきました!」といった声が寄せられ、貴重なツーショット写真には「神々しい」「私のインスタ史上最高の1枚です」「レジェンドの2ショット」と称賛のコメントが届いている。

また、写真の横山に対して「健さん痩せた気がする」「健さん、益々カッコいいけど、ゴハンもちゃんと食べてください!」「激ヤセしてませんか?」「痩せてるの心配」とのコメントも多く寄せられており、ファンが横山の体調についても気遣う様子が見受けられる。

横山健Instagramより
https://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/16789717_138191486700901_1137986816691929088_n.jpg
https://www.instagram.com/p/BQ5ZyV8AqIA/

続きを読む

1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2017/02/28(火) 00:02:39.20 ID:CAP_USER9

サムネイル 女性自身 2/28(火) 0:00配信

2月24日、三月大歌舞伎(歌舞伎座)を前にした囲み取材で「いろいろと仕切り直したい」と語った
市川海老蔵(39)。2月8日のブログでも《今日はこれから私!な、なんと!新しいお家探しに》と
綴っていたが、この日の取材でもマンションへの引っ越し検討中であることを改めて告白した。
だが実は、一家の新生活はすでに始まっていたのだ。

2月下旬の朝、都内にあるマンション前に一台のタクシーが。車内から出てきたのは、がん闘病中の妻・
小林麻央(34)と彼女の実母だった。駐車スペースには、有名家具店のロゴが入ったトラックが2台
止まっている。スタッフが手際よく大きなダイニングテーブルやソファーセットを荷台から下すと、
そのままマンションの中へ運びこんでいった。

「富裕層向けの賃貸マンションで、中には200平米を超える物件もあります。そのぶん家賃も高めでは
ありますが、閑静な立地とプライバシーが確保できるとあって芸能人の方からも人気が高いと
聞いています」(不動産関係者)

9日のブログで、海老蔵は《引っ越したとしてもカンカンガーデンできないといけないから、そこは
大切にしたいなと思ってます》と綴っている。長男・勸玄くん(3)のために“庭付き物件”を探していたようだ。
このマンションでガーデンテラスがついているのは、家賃170万円の高級物件! 間取りは200平米超の
3LDKで、専用ジャグジーも完備されている。

そんなセレブマンションでの新生活を始める海老蔵と麻央。だが決断の背景には、複雑な思いもあったのかも
しれない。麻央が海老蔵とこれまで住んできたのは、都内の閑静な住宅街に建つ2階建ての一軒家だ。
10年の結婚を機に購入した、“念願のマイホーム”だった。

「中古物件をリフォームした海老蔵さんの自宅は2億円豪邸ともいわれ、話題を呼びました。当初の外観は
パステルピンクで内装もロココ調。彼が住むには少し“意外”ともいえる物件でしたが、麻央さんが
気に入ったことが決め手になったといいます」(芸能関係者)

11年には長女・麗禾ちゃん(5)、13年には勧玄くんが誕生。麻央にとっては梨園妻として母として成長した、
楽しい思い出がいっぱいつまった家だった。

その自宅を離れ、新たなマンションへの引っ越しを決めた海老蔵。理由は、麻央の闘病も影響しているのだろう。
前出の囲み取材の際も海老蔵は「やっぱり麻央のことが一番なので」と明かしている。今回選んだ物件は、
日当たりも抜群。戸建てよりもフラットでバリアフリーな生活を送ることができる。次の新居もやはり
“麻央ファースト”だった。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170228-00010000-jisin-ent

続きを読む

1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/02/28(火) 01:46:12.91 ID:CAP_USER9

サムネイル タレントの今田耕司(50歳)が、2月25日に放送されたバラエティ番組「あるある議事堂」(テレビ朝日系)に出演。タレントのヒロミ(52歳)に、無視され続けていた時期があることを明かした。

この日、番組にゲスト出演したヒロミの長男で俳優の小園凌央(21歳)が、「テレビを観ていて、親が笑ってないところでは笑わないようにする」と、父親に気を遣っていることを告白。父親が「好きじゃない」と感じる笑いの取り方が分かるため、「笑わないでおこう」という判断を働かせているという。

そんなエピソードに、番組MCの今田は「お父さん特に笑わなかった人、誰とかいるの? お父さんこの人ホンマ嫌いやなとか」と質問。小園は「今田さんのはまあまあ笑ってました」と語ると、今田は「えっ!? 俺も? ホンマに?」と少し驚いた様子を見せた。 

その理由は「お父さんにずっと無視されててんから。廊下で会っても。目の前で挨拶しても、そのままシカトで行かれてたんですよ」。まだ20代前半、若手時代のことだというが、そうした経緯から、今田はヒロミに嫌われていたと感じていたようだ。

ただ、「去年くらいかな。初めてヒロミさんと飯食ったときに…あのときはオレ責めたんよ、『ずっと無視されてましたよ!』って。そしたら『悪かったよぉ』って」とのやり取りがあったそうで、いまは特に2人の間にしこりはないようだ。

2017年2月27日 14時27分 ナリナリドットコム
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12728504/

【芸能】<今田耕司>清水富美加に理解!「俺は全然ええ。死んだらどうするの」ほんこん「ちゃんと立つ鳥後を濁さずで」真っ向対立!★2©2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1488171177/

続きを読む

1 :鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2017/02/27(月) 17:49:53.65 ID:CAP_USER9

サムネイル  2018年の韓国・平昌五輪の舞台となるリンクでメダル候補に躍り出たのは、まだ17歳の三原舞依だ。2月18日のフィギュアスケート四大陸選手権で、初出場ながら世界の強豪を抑えて優勝した。初出場・初優勝は2008年の浅田真央(26)以来の快挙だった。

 だが、この“新ヒロイン誕生”にも世間はイマイチ盛り上がっていない。優勝翌日のスポーツ紙でも1面で報じたのはわずか1紙(スポニチ)のみ。その理由は「浅田真央」にあるとスポーツ紙フィギュア担当記者が話す。

「まだ日本国民にとって女子フィギュアといえば、“真央ちゃん”が最高のアイドルなのです。彼女の存在が大きすぎて、他の選手に大きな関心が集まらない」

 三原は全身の関節が痛む「若年性特発性関節炎」という難病を抱えている。そのために昨シーズン後半は半年間の療養を余儀なくされた。現在も通院が欠かせず、薬を飲みながら練習に励んでいるという。

「病気を言い訳にしない」と語って試合に挑む彼女の健気さに声援を送るファンも多い。そんなシンデレラストーリーを持つ彼女ですら浅田の前ではかすんでしまうのだ。

 四大陸選手権の視聴率もそれを物語っている。浅田が出場して優勝した2013年は、女子フリーで16.3%の高視聴率を叩き出したが、浅田不在の今大会は9.5%と低迷した。フィギュアに詳しいジャーナリストの青柳雄介氏が語る。

「真央ちゃんは15歳の頃から“国民の娘”として期待に応え続けてきた。いまは長らく続く不調に苦しんでいて、今回の四大陸選手権にも出場できないほど成績も奮わない。しかしそれでもファンの多くは心のどこかで真央ちゃんの復活を信じているのです。だから三原以外にも、日本選手権で勝った宮原知子(18)など期待の若手が出てきても、他の選手には“浮気”できない。現状では平昌五輪出場は現実的ではありませんが、“真央ちゃんなら”と奇跡を信じているファンは多いんです」

 浅田が現役のうちは、「ポスト真央」は現われないのかもしれない。

2017.02.27 16:00
※週刊ポスト2017年3月10日号
http://www.news-postseven.com/archives/20170227_496623.html?PAGE=1#container
http://parts.news-postseven.com/picture/2016/04/asada-mao2.jpg

続きを読む

1 :鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2017/02/27(月) 18:08:37.86 ID:CAP_USER9

サムネイル  最近、芸能界で話題になるのがベッキー(32)だという。昨年1月に発覚したロックバンドの『ゲスの極み乙女。』川谷絵音との不倫騒動を機に活動自粛に入ったものの、同年6月には芸能界復帰を果たした彼女。地上波キー局でのレギュラー番組はいまだ獲得できないが、単発番組にはゲスト出演を繰り返している。
 「テレビだけじゃありません。最近はJR博多シティや、スマートライフのCM出演が相次いで決まり、勢いを取り戻しつつあるんです。ベッキーサイドは、広告代理店やテレビ局に売り込む際に、江角マキコやファンキー加藤などの例を挙げ、ベッキーの禊ぎは済んだと熱弁を振るっているそうです」(芸能事情通)

 そんな彼女を巡り、密かに噴出し始めているのが、不倫事件で多大なる迷惑を被った関係者だという。
 「自分だけが芸能界復帰を果たそうとしている。彼女が休業することで日テレ『トリックハンター』が打ち切りになり、多くのスタッフが路頭に迷うことになった。また、CMが放送中止となったことで、電通マンやテレビ局の営業は徹夜作業を強いられたのに…」(同)

 こんなベッキーにジワリジワリと広まりつつあるのが『最近、調子こいてんじゃねぇ説』だという。
 「お酒を解禁して、夜な夜な仲間とバカ騒ぎを繰り返しているんです。酔ったベッキーは、その勢いで『彼氏が欲しい』と公言しているとか。見方を変えれば、例の不倫事件をまったく反省していないようにも見えるんです」(芸能プロダクション関係者)

 さらにこんな話も…。
 「完全復帰を目指し、テレビやCMの出演料を元に戻せないかと打診しているそうなんです。ゴールデン&プライム帯で1本120万円〜。CMが3000万円〜。ふざけるな、ですよ。テレビ局は、何だかんだで結局、違約金を一切、請求していない。ギャラアップを要求する前に、自分のポジションをもう一度見直すべきです」(編成関係者)

 ベッキーの茨の道は、まだまだ続きそうだ。


2017年02月27日 12時00分
http://wjn.jp/article/detail/5577933/
http://images.wjn.jp/article/33/5577933_1.jpg

続きを読む

1 :ひろし ★@\(^o^)/:2017/02/27(月) 23:55:30.14 ID:CAP_USER9

サムネイル  テレビ朝日の小川彩佳アナウンサー(32)との熱愛が報じられた、嵐の櫻井翔(35)が27日夜、月曜日のキャスターを担当する日本テレビ系「NEWS ZERO」に生出演した。

 冒頭から熱愛報道に触れることなく、キャスターとして番組進行に加わったが、櫻井が疲れてるように見えた視聴者が多かったようで「翔くん、顔が疲れてる」「翔くん、クマがすごいよ」との投稿が連続した。

 櫻井はこの日も、通常通りキャスターを務め、米アカデミー賞のニュースなどにコメントし、嵐の5回目ゴールドディスク大賞受賞のニュースに対しては、感謝のコメント。自身が担当するコーナーでは残業問題を取り上げて進行した。

 番組では笑顔もみせたが、ファン心理からなのか、ネット上では「翔さん疲れ顔に見えてつらい」「お疲れモードだな」「かなりお疲れ様だけど、がんばれ」とのツイートが集まった。

 また、小川彩佳アナウンサー(32)も、この日夜、サブキャスターを務める「報道ステーション」に生出演した。“裏番組”での生競演となった。

 小川アナに対してもネット上が沸騰し「複雑…」「指輪してない!指輪してない!」と、祈るような書き込みも。一方で、小川アナのファンとみられる書き込みには「きょうも美しい」「美人だ」と冷静な投稿が目立った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000125-dal-ent

続きを読む

このページのトップヘ