サミュエルズ大佐

2ちゃんねるの芸能とスポーツのまとめブログやってます。

2018年02月

1 :(^ェ^) ★:2018/02/25(日) 15:58:15.76 ID:CAP_USER9

サムネイル https://www.nikkansports.com/olympic/pyeongchang2018/speedskate/news/201802240000822.html

<ピョンチャン五輪:スピードスケート>◇24日◇女子マススタート

 今大会から新種目となったマススタートで、高木菜那(25=日本電産サンキョー)が金メダルを獲得した。団体追い抜き金メダルに続き2個目のメダルを獲得し、マススタートの初代女王となった。

 高木菜の一問一答は次の通り。

 −初代女王になって

 高木菜 この種目が始まってから表彰台に上ったことはあったけど、金メダルという一番高いところには今まで上ったことはなかった。最高の舞台で初めて一番高いところに立てて本当にうれしい。

 −オランダ選手をずっとマークしていた

 高木菜 作戦的にオランダ2人で仕掛けてくるかなと思ったので、イレーネ(・スハウテン)選手の後ろについて狙えるところで狙っていこうとずっと考えていた。

 −団体追い抜きとの金メダル2個。意味合いは違うのでは

 高木菜 (敗退した)佐藤の分まで金メダルを取りにいく気持ちだった。追い抜きでもメダルが取れたので、その分落ち着いてマススタートに挑めた。

 −今大会を最高の結果で締めくくった

 高木菜 最初(女子5000メートル最下位)は本当に悔いが残るレースをして申し訳なかった。残り2本で自分の最高の滑りができた。最高のオリンピックにできたので良かった。

 −表彰台での気持ちは

 高木菜 真ん中に国旗が揚がって君が代が流れるのは、そうそうないことなので、感謝の気持ちとうれしい気持ちでいっぱい。

 −支えてきてくれた人への思い

 高木菜 本当につらいときもあったので、ずっと支えてきてくれた両親、仲間にありがとうと伝えたい。

続きを読む

1 :久太郎 ★:2018/02/25(日) 17:30:05.65 ID:CAP_USER9

サムネイル 磐田 0−3 川崎


24' 中村 憲剛(川崎)
43' 谷口 彰悟(川崎)
45' エドゥアルド(川崎)

エコパスタジアム
観客数:31,375人
主審:松尾 一


憲剛、2年連続開幕弾で初“BKB”!!川崎F、公式戦初勝利で連覇へ白星発進

[2.25 J1第1節 磐田0-3川崎F エコパ]

 2018シーズンが開幕したJ1リーグは25日、第1節3日目を行い、昨季J1王者の川崎フロンターレは敵地でジュビロ磐田と対戦し、3-0で完封勝利をおさめた。富士ゼロックススーパー杯、ACLの2試合で公式戦3連敗中だった川崎Fは待望の今季初勝利。4年連続の開幕白星となった。

 ホーム開幕戦となった磐田は新戦力のブラジル人DFギレルメが3-4-2-1の左ウイングバックで先発。中盤はMF山田大記とMFムサエフのダブルボランチ。1トップにFW川又堅碁、MF中村俊輔とMFアダイウトンがシャドーの位置に入った。

 J開幕節が公式戦4試合目となる川崎Fは20日のACL第2節蔚山現代戦(1-2)から先発3人を変更し、その試合でゴールを挙げたFW知念慶が1トップでスタメン。センターバックのDFエドゥアルド、MF中村憲剛がトップ下で先発に復帰。2列目は左からMF家長昭博、中村、FW小林悠と並んだ。

 昨季J1クラブで最少失点の磐田が、最多得点のJ1王者を迎え撃った。磐田は前半17分に決定機を迎え、中村俊輔が左足で蹴り込んだFKをDF高橋祥平が強烈ヘッドで叩いたが、惜しくも左ポストを直撃。さらに22分、MFアダイウトンが独走し、飛び出したGKチョン・ソンリョンと1対1の局面。決定的な場面だったが、右足シュートはGKが至近距離でビッグセーブした。

 磐田の猛攻に耐えた川崎Fは徐々に流れを引き寄せ、均衡を破る。前半24分、左後方からMFエドゥアルド・ネットが浮き球のパスを入れ、抜け出した中村がヘッドで合わせた。これがチームの今季J第1号となり、中村は2年連続の開幕ゴール。今季のゴールパフォーマンス“BKB”で喜びを示した。

 先制に成功した川崎Fは勢い止まらず、前半43分にはCKの流れから中村が右サイド深い位置から狙い澄ましたピンポイントクロス。DF谷口彰悟が高い打点からヘッドで叩き込み、2-0。前半45分には知念が獲得した右FKを中村が蹴り込み、エドゥアルド・ネットがヘッドで突き刺し、3-0に突き刺した。

 磐田は後半開始と同時にDF森下俊を下げてMF松本昌也を投入。システムを4-2-3-1に変更し、ギレルメが左サイドバック、MF櫻内渚が右サイドバックに下がった。松本はボランチに入り、山田が右サイドハーフへ。後半13分には櫻内に代えてMF田口泰士がピッチに入り、田口がボランチ、松本は右サイドバックに移った。

 交代策で反撃に出た磐田は後半15分、田口が左足ハーフボレーで叩いたが、GKチョン・ソンリョンがファインセーブ。後半28分には田口がドリブルで運び、山田がペナルティアーク内から右足でグラウンダーのシュートを放ったが、枠を捉えられなかった。

 川崎Fは後半33分、知念に代えて大久保を投入。大久保はJ1通算400試合出場を達成した。最後まで磐田の攻撃を跳ね返し、3-0で完封勝利をおさめた川崎F。クラブの無敗記録に並ぶリーグ戦17試合連続無敗とし、連覇へ白星スタートを切った。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180225-01650910-gekisaka-socc

続きを読む

1 :鉄チーズ烏 ★ :2018/02/25(日) 17:00:38.05 ID:CAP_USER9

サムネイル  「平昌五輪・アイスホッケー男子・決勝、OAR4−3ドイツ」(25日、江陵ホッケーセンター)

 OARが延長にもつれ込む激闘を制し、金メダルを獲得した。延長でパワープレーを生かし、値千金の決勝ゴールを奪った。

 試合は決勝にふさわしい熱戦となった。第1ピリオドにOARが先制。第2ピリオドに、ドイツが同点に追いついた。

 激しく試合が動いたのは第3ピリオド。OARが勝ち越し、すぐにドイツが奪い返して2−2。残り3分16秒となり、ドイツがDFのヨナス・ミューラーのゴールでこの試合初めて勝ち越した。だが、OARも粘りを発揮。ドイツのパワープレーでキーパーを下げて攻撃をかけるギャンブルが奏功し、残り55秒で同点に追いついた。

 世界最高峰の北米プロリーグ、NHLが所属選手派遣を見送り大混戦となった今大会。OARは準決勝でチェコを3−0で下して決勝に進出した。伏兵のドイツは準々決勝で昨年の世界選手権王者スウェーデンを撃破。準決勝では五輪3連覇を狙ったカナダを4−3で下したが、快進撃はここまで。OARがわずかな差で金メダルを逃した。


2/25(日) 16:07配信 デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180225-00000104-dal-spo

続きを読む

1 :金魚 ★:2018/02/25(日) 15:35:45.88 ID:CAP_USER9

サムネイル 平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)カーリング女子でLS北見の日本が英国を破り、この競技で男女通じて初の表彰台となる銅メダルを獲得した。

 日本カーリング協会強化委員会の敦賀信人副委員長(40)は「日本のカーリングが世界のレベルに追いついた」と喜んだ。オリンピック(五輪)の正式競技になった98年長野大会で男子日本代表のスキップを務め、その後の歴史を見てきた。「男子が20年ぶりに出場し、女子はメダル。特に女子は国内で競い合ったことがレベルアップにつながった」と話した。

 前回ソチ五輪まで、小笠原(小野寺)歩が3回出場した。「藤沢さんは小笠原さんに勝てず、前回も悔しい思いをした。そういう神経を使ったゲームを国内でやることで強くなる」と敦賀氏。「これまでもいい試合はしてきたけれど、結果がメダルとして残ることが今後のために大きい」とたたえた。

 次の目標は競技人口を増やすこと。「海外勢は世界ジュニアで活躍した選手が多い。日本代表選手のクリニックを行うなどで競技を広め、ジュニア選手の発掘をしたい」と話していた。

https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201802250000249.html

続きを読む

1 :muffin ★:2018/02/25(日) 18:55:28.11 ID:CAP_USER9

サムネイル http://news.livedoor.com/article/detail/14350983/
2018年2月25日 12時5分 Sports Watch

25日放送の「新報道2001」(フジテレビ系)で、カーリング女子日本代表(LS北見)の選手の素顔を、同チームのトレーナーが明かした。

平昌(ピョンチャン)五輪第16日の24日、カーリング女子日本代表はイギリス代表に5−3で競り勝ち、銅メダルを獲得した。男女通じて、カーリング日本勢の初のメダルとなる。この試合後のインタビューで、選手たちは感想を述べ終えた後、カメラに向かって「廉太郎先生!」「廉ちゃん、見てる〜!?起きてる〜!?」と手を振る場面があった。

「廉ちゃん」とは、選手たちの体調管理を行うLS北見のトレーナー・鈴木廉太郎さんのことだ。番組では、鈴木さんとインターネット電話をつなぎ、カーリング女子の日常について尋ねていた。

選手たちからの画面越しの呼び掛けについて、鈴木さんは「北見市のパブリックビューイングで見てたんですけども、大きい画面で『見てる〜!?』って言われて本当に泣きそうになった」「気を使ってもらえて本当に優しい選手たち」と感想を述べる。

普段の様子に話題が及ぶと、鈴木さんは「みんな女の子なので甘いものが大好き。お菓子ランキングとかも作るくらいですね。ブルボンの『ルマンド』も好きだとか言っていました」と紹介した。

そして、選手たちの体調管理の難しさを語る。大会が近くなると、鈴木さんは選手たちに"甘いもの制限"を課すのだそう。

だが鈴木さんによると、選手たちが「『ここまでは大丈夫』とか言って、ホテルのビュッフェのおしることかを『ここはセーフでしょ』とか言って食べてる」と明かす。
続けて、「お菓子はできるだけ制限してもらいたいなと思っているんですけども」と、苦笑しながらも今回の銅メダル獲得を喜んでいた。

http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/d/0/d04e55e0bc952d5d499c4046218dc824.jpg

続きを読む

1 :muffin ★:2018/02/25(日) 19:04:04.49 ID:CAP_USER9

サムネイル https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27374950V20C18A2UU2000/
2018/2/25 17:44

【平昌=原真子】国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は25日、理事会後に記者会見し、札幌が招致に前向きな姿勢を示している2026年冬季大会について「冬季スポーツを歴史的にやってきた地域に戻したい。北米でも欧州でも、冬季スポーツの伝統のある国で開催できれば」と話した。

 26年大会の招致プロセスは既にスタートしており、札幌のほか、シオン(スイス)、カルガリー(カナダ)、ストックホルム(スウェーデン)がIOCに「対話ステージ」の参加を申請した。そのうえで、各都市は正式立候補となる「立候補ステージ」に進むかを10月には判断する。

 五輪開催地を巡っては欧米の招致熱が低下するなか、18年平昌、20年東京、22年北京と3大会連続でアジアの開催が続くことになっており、札幌の招致には不利になるとの見方もある。

続きを読む

1 :pathos ★ :2018/02/25(日) 13:31:21.48 ID:CAP_USER9

サムネイル  ブリュワーズの選手が、「4シームが動かない」と口をそろえたことが気になる。


 また、対左打者の初球が、すべて真っすぐだった。日本でも対左打者の初球は、圧倒的に真っ直ぐが多かった大谷。日本ならば、球速で押してファールを稼げたかもしれないが、その配球を読まれた場合、メジャーでもカウントを取れるのか。


 大谷の場合、決して4シームの回転数が高くない。昨年12月に大リーグ公式サイトが特集した大谷の記事によれば、4シームの平均回転数は2301回転(1分間)。この場合、空振りの確率が10%を超えるには、平均球速が98マイル(約158キロ)を超える必要がある。


 もちろん、球質はスピンレートだけでは判断できないので、そうしたデータについては改めて詳しく触れるが、相手から4シームが動かないと指摘された点、そして、左打者への入り方。スライダーやイニング間の過ごし方以上に、大谷は今後、課題と向き合っていくことになるのかもしれない。


 しかしおそらく、大谷が次のステップに進むとしたら、高い壁こそが必要。大谷の表情が明るかったのは、むしろそれを見つけた喜びが、にじみ出ていたのかもしれない。
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201802250006-spnavi?p=2

続きを読む

1 :鉄チーズ烏 ★ :2018/02/25(日) 12:58:43.07 ID:CAP_USER9

サムネイル 【2月25日 AFP】平昌冬季五輪のスピードスケート・ショートトラック女子500メートルで韓国の選手が失格になり、銅メダルを獲得したカナダのキム・ブタン(Kim Boutin)が、インターネット上で脅迫を受けたのは「本当に怖かった」と明かした。

 23歳のブタンは、今回の五輪で銀1個と銅2個の計3個のメダルを獲得し、25日の閉会式ではカナダの旗手を務める。それだけを見れば、ブタンの五輪は大成功に終わったようにも思えるが、女子500メートル決勝で韓国のメダル有力候補、崔�E禎(Choi Min-jeong、チェ・ミンジョン)が失格になった場面に絡んでいたため、韓国のネットユーザーからすさまじい数の中傷を浴び、ツイッター(Twitter)のアカウントも非公開にすることを余儀なくされた。

 500メートルの銅メダル獲得後に受けた扱いに精神的な苦痛を感じたと明かしたブタンは「言葉では表せない気持ちですし、身の危険を感じて本当に怖かった」と話した。そして表彰式では「恐怖と怒り、満足感がないまぜになった気持ち」を味わったと続けた。

「五輪へ出るときは、予想外の事態も予想しておかなくてはならない。自分としては理解しがたい話です。どうしてあんな脅迫を受けなくてはならないのか、まったく理解できない」

「チームは私に寄り添って、あらゆる面で守ってくれました。そのおかげもあって山は越えました。克服することができたし、これからも勝っていきたいと思います」 (c)AFP



2018年2月25日 9:56 発信地:平昌/韓国
http://www.afpbb.com/articles/-/3163997
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/b/d/1000x/img_bd0d892485479aae46e77ab40586bc49120419.jpg

続きを読む

1 :muffin ★:2018/02/25(日) 12:44:51.66 ID:CAP_USER9

サムネイル http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20180225-OHT1T50065.html
2018年2月25日6時0分 スポーツ報知

 カーリング女子日本代表で初のメダル獲得を果たした「LS北見」の五輪後、チーム初の国内試合が5月の日本代表決定戦になることが24日、分かった。会場はLS北見の練習拠点である北海道北見市の「アドヴィックス常呂カーリングホール」が濃厚。関係者は「やっぱり、常呂はいいアイス(氷の状態)が作れる」と話した。開催時期も5月の第2週で最終調整に入っているという。地元開催で、最高の凱旋試合となりそうだ。

 日本協会は「次世代の育成」を目的とし、五輪開幕直前の1〜2月に日本選手権を開催したため、男女の五輪代表チームは参加できなかった。そこで、5月に日本選手権優勝チーム(女子は富士急)と、五輪代表チームが、1シーズンの「日本代表」の看板をかけて試合を行う代表決定戦を実施する。試合方式について、関係者は「5戦のうち3勝を挙げる形式になると思う」と話した。「日本代表」となれば、11〜12月開催のパシフィックアジア選手権の出場権獲得や、代表活動の際にJOC(日本オリンピック委員会)からの援助を受けることができる。全ては3月の理事会で決定する。

 LS北見は、北海道弁の「そだねー」、ハーフタイムの「もぐもぐタイム」など、競技以外の部分で「かわいい」「癒やされる」と注目を浴び、国内でも一躍、大フィーバーを巻き起こしている。関係者は「日本ではすごいことになっている。とてもありがたい」。待ちに待った生LS北見の試合。日本カーリング協会は登録人数がわずか2500人。人気とともに、カーリング界の発展にも期待が高まる。

http://www.hochi.co.jp/photo/20180225/20180225-OHT1I50034-L.jpg

関連スレ
【平昌五輪】カーリング女子が銅メダル!!日本が英国に3位決定戦で勝利、おめでとう!★10
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1519520784/

続きを読む

1 :ニーニーφ ★:2018/02/25(日) 13:08:48.83 ID:CAP_USER9

サムネイル  東京マラソン(25日、東京都庁前−東京駅前)2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」出場権が懸かる大会。
設楽悠太(26)=ホンダ=が日本新記録の2時間6分11秒で日本勢最高の2位に入り、
2002年10月に高岡寿成がマークした2時間6分16秒を更新した。
14年東京覇者ディクソン・チュンバ(31)=ケニア=が2時間5分30秒で制した。(タイムは速報値)

 設楽悠との一問一答は以下の通り。

 −−ゴールの瞬間、倒れ込んだ

 「今回は記録よりも勝つことを意識していた。総合1位を取ることはできなかったが、
日本人1位を取ることができてうれしい。前は見えていたけど、あれが僕の限界だった」

 −−日本記録を16年ぶりに更新した

 「僕もそんなに正直、狙っていなかった。2時間9分以内を目標にやっていたので、達成できてよかった」

 −−実業団マラソン特別強化プロジェクトから1億円の報奨金

 「最後まで『1億円取ってこい』と声をかけてくれる方々がいたので、しっかりがんばれた」

 −−現在の心境は

 「いまはちょっと休みたい。次はまだ試合の予定がない。3月はもう走らない。土日試合がないとサボっちゃうので…。
次の試合がある分、日頃の練習をがんばれる。いまの練習は間違っていない。
これからも同じ練習をすれば必ず結果がついてくる。たくさん沿道から応援されるのは東京マラソンしかない。
沿道の方々のおかげで取れた」

 −−38キロ過ぎで井上を抜いた

 「32キロぐらいで負けたと思ったけど、30キロ以降は応援があったから、がんばることができた。
家族の応援は声でわかったので、会社の方々もたくさん応援に来ていたので、あきらめずに走ることができた。
30キロ以降は走力ではなく応援の力で走れた」
http://www.sanspo.com/sports/news/20180225/ath18022511500008-n1.html

【東京マラソン】設楽悠太が2位で、ついに日本記録更新!2時間6分10秒!1億円ボーナスも獲得! 優勝はチュンバ(ケニア)
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1519524986/

続きを読む

このページのトップヘ