サミュエルズ大佐

2ちゃんねるの芸能とスポーツのまとめブログやってます。

2019年05月

1 :ひかり ★:2019/05/14(火) 14:28:54.84 ID:WwnNC5wl9

サムネイル  タレントのラサール石井(63)が14日、自身のツイッターを更新。10日発売の漫画誌「ビッグコミック」に掲載されている俳優の佐藤浩市(58)のインタビューが「安倍晋三首相の持病をやゆしている」などと
批判されている問題で、佐藤を「三流役者」と批判した作家・百田尚樹氏(63)に苦言を呈した。

 ラサールは佐藤を「三流役者」と批判した百田氏に「佐藤浩市氏のどこが三流なのか。役者の何を知ってるのか。自分の意に沿わないと三流なの?今後映画化されるほどの小説がまだ書けると確信してるんだ。
謙虚さのかけらもない。何様?」とツイート。

 その後、お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔(38)が投稿した「一流モデルが辺野古の自然を守ろうと言えば『おれがスポンサーならCMおろす!』と怒り、一流役者が『体制側の立場を演じることに
抵抗感がある、ストレスに弱くお腹を壊す設定にした』と言えば『映画には二度と出さない!三流役者が』と怒る。違う考えに臆病でストレスに弱い三流愛国者達 by一流芸人」をリツイートし、
賛同の意志を示唆した。

 問題とされているのは佐藤が出演する映画「空母いぶき」(24日公開)についてのインタビュー。佐藤は自身の総理大臣役について「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する
抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残っているんですね」とした上で、「でも、監督やプロデューサーと『僕がやるんだったらこの垂水総理をどういうふうにアレンジできるか』という話し合いをしながら
引き受けました」と経緯を説明。「彼はストレスに弱くて、すぐにお腹(なか)を下してしまうっていう設定にしてもらったんです」とも述べた。

 これに対し、百田氏らが「三流役者が、えらそうに!!」などとツイッターで批判していた。

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000064-sph-ent

続きを読む

1 :muffin ★:2019/05/14(火) 16:36:45.49 ID:/L2FcmOe9

サムネイル http://news.livedoor.com/topics/detail/16456932/
2019年5月14日 16時11分

安倍首相を揶揄したとして批判された佐藤浩市を、小林よしのり氏が称賛した
権力に対する批判精神を持っていることは、人間として立派なことだと指摘
権力を揶揄する精神がバッシングされる国は、全体主義で独裁国家だとした


佐藤浩市は男である

佐藤浩市は映画の総理役で、おなかをこわすキャラにしてもらったと言ったら、安倍首相を揶揄しているからダメとか、同じ病気の人を傷つけるとか、ネトウヨどもがギャーコラネットで騒いでいるらしい。

わしは佐藤浩市を「三流役者」とは思わない。 権力に対する批判精神を持っているのは立派なことだ。権力に追従する人間と、権力と戦う人間なら、権力と戦う人間の方が上質だと思っている。

権力を揶揄する精神がバッシングされる国は、全体主義の国であり、独裁国家である。 ネトウヨは中国や北朝鮮が大好きなのだろう。

ナチス・ドイツが彼らの理想ではないか?

わしは「保守」だが、権力を守る人間ではない。 「公」を守る「保守」であり、それが本物の「保守」だと信じている。
天皇は「公」の体現者だから、天皇は守る。 だが、天皇を政治利用しかしない権力は批判する。
非常にシンプルな「保守」思想である。

権力に対する批判精神だけは失ってはならない。 佐藤浩市はそれを持っているから男である。
・・・と言ったらフェミ系ヒステリーが怒るな。
https://blogos.com/article/376963/

続きを読む

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/05/14(火) 14:29:00.77 ID:URpss4eX9

サムネイル 社会学者の古市憲寿氏が「情報プレゼンター とくダネ!」(フジテレビ系)で発言した内容に批判の声が上がっている。

14日の放送では、東京都台東区にある浅草神社が、例年三社祭の期間に発行する「特別御朱印」の頒布を中止したことを取り上げた。
御朱印とは、寺院や神社において参拝者向けに押印する「朱印」の敬称で、御朱印帳という帳面に寺院名や神社名、信仰対象である本尊や祭神の名、参拝日等を記したものを差す。

元号が変わる節目で参拝客が急増し、御朱印を貰うための行列が待ち時間3〜5時間にも及ぶ中で、神社職員や巫女に対して暴言を吐く参拝客がいること、
また御朱印がメルカリ等のフリマアプリで転売されていることを受けての、浅草神社の発表であった。

MCである小倉智昭の「御朱印の本来の意義って何なんですかね」という問いかけに、田中良幸アナウンサーは「もともとは写経を納めたことの証明だったものが、今は参拝した証になっている。
中には神社の神様と縁を繋ぐという解釈をされる方もいる」と解説。コメンテーターの中江有里も
「(ご利益を信じるのは個人の自由だけど)御朱印は本来参拝に付随してくるものであって、これを貰うために行くというのは本末転倒というか」と発言した。

この問題に対し、古市氏は「いっそネットとかで買えるようにしちゃえばいいのに。現地に行きたい人と販売手段を分けて、モノだけ欲しい人はネットで買えばいい」と発言。
伊藤利尋アナウンサーの「行列の大半は令和のレア物だから並んでいる、という感覚は否定出来ないのでは」という見解には、
「転売にたくさん出品されるなら、はじめから本家が(御朱印を)ネットで売るとか、もしくはファストパスみたいな形で1万円上乗せ払ったらいける優先レーンとか作ればいい」とコメントした。

これらの発言に、視聴者からは「だから御朱印はそういうものじゃない、っていう話をしてるのに、特集の意図を分かってない」
「神様や神職に失礼」「こういう考えの人間が転売したり暴言吐いたりするんだよ。ドン引き」といった批判が上がった。

古市氏の発言後、田中アナが「それもう、御朱印とちょっと離れてしまっている」と軌道修正したこともあり、
本来特集で伝えたかったこととはズレた発言で視聴者を呆れさせただけとなった。

2019年5月14日 14時0分 リアルライブ
http://news.livedoor.com/article/detail/16456698/

続きを読む

1 :朝一から閉店までφ ★:2019/05/14(火) 13:28:20.98 ID:d/2MeVEu9

サムネイル [ 2019年5月14日 12:20 ]
 キャスターの小倉智昭氏(71)が14日、司会を務めるフジテレビ「とくダネ!」(月〜金曜前8・00)で、北方領土問題の解決方法を巡り「戦争」の言葉を用いた日本維新の会の丸山穂高衆院議員(35)について言及。「失言の中でも相当悪質」と怒りをあらわにした。

 丸山氏は北方四島の国後島へのビザなし交流の訪問団に参加。11日夜、国後島の宿舎で酒に酔い、元島民の団長に「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」と質問したり、大声で騒いだりした。丸山氏は13日深夜、都内で記者団に対して「多くの方に不快な思いをさせ、おわびする。不適切な発言を撤回したい」と語り、また「元島民への配慮を欠いた」とも述べた。

 小倉氏は「国会議員の失言の中でもこれは相当悪質だと思いますよ。国会議員が(失言を)撤回して謝罪すればと済むと思っている人がどれだけ多いのか」と憤まんやる方ない様子。さらに「戦争で北方領土をで取り返すなんて思ってる人いますか?一般論でありますか?もう辞めてもらわないとしょうがないですよ。本当に腹が立ちました」とボルテージを上げた。

 それでも怒りが収まらなかったのか、直後のお天気コーナーでは、屋外で待機している気象予報士の天達武史氏に向け「続いてお天気です。あまたつっ!!」と絶叫。これにはMCの伊藤利尋アナウンサー(48)が「天達さんは関係ないですから」と制したほどだった。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/14/kiji/20190514s00041000166000c.html

続きを読む

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/05/14(火) 12:18:17.41 ID:DjD0MkHa9

サムネイル ● ツインズ 4 − 5 エンゼルス ○
<現地時間5月13日 ターゲット・フィールド>

エンゼルスの大谷翔平選手が13日(日本時間14日)、敵地でのツインズ戦に「3番・指名打者」で先発出場。
第2打席に今季初ホームランを放つなど、2安打4出塁2打点の活躍でチームの勝利に貢献した。

試合の休養を挟んで迎えたこの日の第1打席は、二死走者なしの状況でフルカウントから外角の変化球を見極めて四球を選択。
そして迎えた3回の第2打席、1点を返してなおも無死三塁という場面で大谷がバッターボックスへ。3ボール1ストライクという打者優位のカウントから外角のボールをセンターバックスクリーンに放り込む特大の第1号2ランを放った。

大谷の2ランで3−2と逆転したエンゼルスは、続く4回表にも一死1,2塁という好機で大谷が打席に。しかし、ここは二ゴロ併殺に倒れて追加点を奪うことはできない。
それでも6回の第4打席に四球を選ぶと、9回の第5打席にライト線へのヒットを放ち今季3度目のマルチ安打で、打率を「.250」とした。

チームも一時は同点に追いつかれたが、1番ラステラの決勝ソロで勝ち越し、そのまま逃げ切りに成功。
大谷は試合後、「打球も良かったし、打てた場面も良かった。打席の中でよくボールを見えていて、それが良い結果につながっている」と手ごたえを口にした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00188684-baseballk-base
5/14(火) 12:03配信

https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2019051404
試合スコア

https://www.youtube.com/watch?v=tmFnVylEUI0
大谷翔平 復帰後初ホームラン! 初本塁打! 第1号 SHOHEI OHTANI 2019

2019年5月14日 大谷翔平 1号 逆転 2ラン ホームラン 3番 DH 出場
https://www.youtube.com/watch?v=3qCrBy1z0ac

続きを読む

1 :Egg ★:2019/05/14(火) 11:21:09.96 ID:TdCph++b9

サムネイル 尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(72)が14日までに自身のブログを更新し、コンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)」に「どうしてスポーツなのか」と疑問を呈した。

 ゲームを使った対戦をスポーツとして捉えたeスポーツ。昨夏のアジア大会(ジャカルタ)で公開競技として導入され、サッカーゲーム「ウイニングイレブン2018」で日本代表が金メダルを獲得。今年年9月に茨城で行われる第74回国民体育大会「いきいき茨城国体」では「文化プログラム」としてeスポーツが都道府県対抗種目になることも決まっている。

 尾木ママは「どうしてゲームがスポーツなのか!?」のタイトルで記事をアップし、「eスポーツ どうしてスポーツなのかな〜尾木ママには、単なる大型の【ゲームの大会】にしか見えない!高校eスポーツ大会の映像を見てもオンラインゲームのチーム戦にしか見えない!」と率直な感想を吐露。「ゲーム依存症の心配の方が大きいですーー」とつづった。

 さらに「脳への影響も科学的にも明らかなのに その疑問報道見ても少しも解消されませんでしたーー尾木ママの理解力がないのかしら?」とつづり、「世界保健機構が昨年6月にゲーム障害を疾病認定したことはどう理解するのでしょうか?WHOに圧力をかけるアメリカの大手ゲーム業界の動きーーなんだかなぁ〜とても割り切れないです、、大丈夫かしら?心配」と複雑な思いを記していた。

5/14(火) 11:14配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000044-sph-ent

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190514-00000044-sph-000-2-view.jpg

続きを読む

1 :muffin ★:2019/05/14(火) 13:23:29.54 ID:/L2FcmOe9

サムネイル https://hochi.news/articles/20190514-OHT1T50054.html
2019年5月14日 12時48分スポーツ報知

俳優の黒沢年雄(75)が14日、自身のブログを更新。10日発売の漫画誌「ビッグコミック」に掲載されている俳優の佐藤浩市(58)のインタビューが「安倍晋三首相の持病をやゆしている」などと批判されている問題に言及し、「佐藤君を大目に見てやって下さい」と懇願した。

黒沢は「話題の佐藤浩市」のタイトルで記事をアップ。「世の中いろんな人がいるからこそ、面白いし、楽しい。思想もそう…」と前置きした上で、「時代に産まれ育った人間で変わってくる人もいる…だから今回の佐藤君の安倍総理に対すると思われる揶揄とも取られる発言は、まだ彼が若い部分があるという事で許してやって下さい」とつづった。

佐藤を「三流役者」などとツイッターで批判した作家の百田尚樹氏(63)に対しても「作家の百田尚樹さん、僕は貴方の本のフアンです。佐藤君を大目に見てやって下さい…」とメッセージ。また「安倍総理は、佐藤君の、小馬鹿にしたと、取られ易い言葉等何とも思っていないと思います」とし、「世界各国を見て来た僕から見て、日本は最高の国です。安倍総理・日本の為、国民の為に頑張って頂きありがとうございまーす」とつづっていた。

https://hochi.news/images/2019/05/14/20190514-OHT1I50079-N.jpg

続きを読む

1 :影のたけし軍団ρ ★:2019/05/14(火) 12:44:49.90 ID:u0W+Ws0N9

サムネイル 漫画誌「ビッグコミック」(小学館)内のインタビューでの発言で炎上中の俳優の佐藤浩市が13日、
都内で行われた映画「ザ・ファブル」(6月21日公開)の完成披露試写会に出席した。

公開を控えた映画「空母いぶき」(24日公開)で首相役を演じる佐藤は同誌のインタビューで、
「ストレスに弱くて、すぐお腹を下してしまうっていう設定にしてもらった」と役どころを説明。

また、「最初は絶対やりたくないと思いました(笑い)。体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代にある」などとも発言していた。

その発言を受け、ネット上では、潰瘍性大腸炎を患っている安倍晋三首相を「揶揄している」などと批判が殺到。
安倍首相と親交がある作家の百田尚樹氏らがSNSで怒りの声を上げていた。

各スポーツ紙によると、イベントで佐藤は主演のV6・岡田准一らとレッドカーペットに登場。
リムジンで共演者らと乗り付けた後、ゆっくりと歩きながら、沿道の招待客に笑顔を向けたという。

佐藤は主演の岡田らを「殺し屋」として仕込んだ役。「ボス役の僕がバブル期によく見かけたリムジンにやっと乗ることができて幸せでした」と話し、
ネット上の批判については触れず。退場時には、場内に大音量の音楽が流されたという。

「主演がほかの事務所のタレントだったら、主催者側も佐藤に発言の機会を与えて記事を大きく扱ってもらおうと考えたかもしれないが、
岡田はジャニーズ事務所の所属。とにかく、記事は“岡田ファースト”にならないと許されないので、佐藤に発言する機会を与えなかった」(ワイドショー関係者)

イベントの同日、「空母いぶき」の公式サイトが更新され、舞台あいさつの詳細を発表。
東京、大阪、名古屋を会場に計9回行われる予定で、主演を務める西島秀俊、佐々木蔵之介、
そのほか若松節朗監督らが登壇するが、その中に佐藤の名前はなかった。

「佐藤は現在、3社のCMに出演中。14日もCMが放送されていたが、これ以上騒動が拡大すると、降板危機を迎える可能性も。
そのため、炎上問題については発言を控えて、ほとぼりが冷めるのを待つことになりそうだ」(芸能記者)

インタビューでの発言の真意が気になるところだ。
https://npn.co.jp/article/detail/04217929/

【芸能】佐藤浩市が“首相を揶揄” ネット上で批判 漫画誌インタビュー記事★12
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557763206/

【映画】『空母いぶき』安倍首相を揶揄疑惑の佐藤浩市、高須院長や幻冬舎社長も批判「観るのやめた」など大混乱★5
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557752954/

続きを読む

1 :muffin ★:2019/05/14(火) 12:07:29.85 ID:/L2FcmOe9

サムネイル https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201905140000215.html
2019年5月14日11時24分

SPEED上原多香子(36)の再婚相手の演出家コウカズヤ氏(41)が、妻に関する一部報道による“被害”に悲鳴をあげた。

コウ氏は14日、ツイッターを更新。上原のツイッターアカウントは一般には非公開の“鍵アカウント”になっているが、母の日にツイートした内容が一部ネットニュースで報じられたことについて言及。「鍵アカウントにして、特定の人にしか見れないはずのうちの嫁のツイートが、週刊誌のネットニュースにさらされて、また蚊の大群がウジャウジャ湧いてきました」とし、自身のツイッターにも誹謗(ひぼう)中傷コメントが寄せられていることに「うっとうしい。実にうっとうしい……」と吐露した。

コウ氏はそうした中傷コメントに対し「匿名でしか何も言えないあなたの言葉、何も入って来ませんし、何も響きません。血の通った人間の言葉でなく、蚊の羽音ぐらいにしか聞こえてきませんので。以上」とやり返した。

上原は12年8月にET−KINGのTENNさんと結婚したが、14年にTENNさんが35歳の若さで自殺。昨年9月にコウ氏と再婚し、第1子となる男児を出産した。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201905140000215-w500_0.jpg

続きを読む

1 :Egg ★:2019/05/14(火) 09:25:53.98 ID:GPB8LnBF9

サムネイル タレントのラサール石井(63)が「安倍晋三首相をやゆした」などと、ネット上で炎上している俳優の佐藤浩市(58)を非難した作家の百田尚樹氏(63)を「何様?」と批判した。

24日公開の映画「空母いぶき」に総理大臣役で出演する佐藤浩市は、9日発売の漫画雑誌「ビッグコミック」(小学館)のインタビュー記事内で「最初は絶対やりたくないと思いました(笑い)。

いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね」と語り、さらに自身の役柄を「ストレスに弱くて、すぐにおなかを下してしまうっていう設定にしてもらったんです」と発言。この発言が、ネット上では過去に潰瘍性大腸炎の悪化で首相を辞任したことがある安倍首相をやゆしていると受け取られ、炎上騒ぎとなった。

百田氏は佐藤の発言にツイッターで「三流役者が、えらそうに!! 何がぼくらの世代では、だ。 人殺しの役も、変態の役も、見事に演じるのが役者だろうが!」と怒りをあらわに。「私は自分の作品の映画化に関して、キャスティングに口出ししたことは一度もない。しかし、もし今後、私の小説が映画化されることがあれば、佐藤浩市だけはNGを出させてもらう」と宣言した。

百田氏の発言はネット上で拡散され、賛否を呼んだ。ラ・サール石井は13日、ツイッターで「佐藤浩市氏のどこが三流なのか。役者の何を知ってるのか。自分の意に沿わないと三流なの?」と疑問を呈し、「今後映画化されるほどの小説がまだ書けると確信してるんだ。 謙虚さのかけらもない。何様?」とつづった。

5/14(火) 9:19配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-05140124-nksports-ent

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190514-05140124-nksports-000-2-view.jpg

続きを読む

このページのトップヘ