サミュエルズ大佐

2ちゃんねるの芸能とスポーツのまとめブログやってます。

2021年12月

1 :Egg ★:2021/12/31(金) 20:57:52.10 ID:CAP_USER9

サムネイル RIZIN.33 ▽第13試合 スタンディングバウト特別ルール(31日・、さいたまスーパーアリーナ)

 2022年にボクシングへ転向するキック界の“神童”那須川天心(TARGET/Cygames)が、“火の玉ボーイ”五味隆典(イーストリンカンラスカルジム)とエキシビションマッチを行い、フルに戦ってRIZINラストマッチを終えた。

 那須川は来年6月にK—1の武尊と夢のスーパーファイトを経てボクシングに転向する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/39114dc31538344725b1ec922d90c2a2cde2df63

続きを読む

1 :フォーエバー ★:2021/12/31(金) 20:35:59.97 ID:CAP_USER9

サムネイル RIZIN33

第13試合:那須川天心 vs 五味隆典|スペシャルワンマッチ(RIZINラストマッチ)
那須川天心 − 五味隆典

第14試合:朝倉未来 vs 斎藤裕|スペシャルワンマッチ66.0kg
朝倉未来 − 斎藤裕

第15試合:ホベルト・サトシ・ソウザ vs 矢地祐介|ライト級タイトルマッチ
ホベルト・サトシ・ソウザ − 矢地祐介

第16試合:朝倉海 vs 扇久保博正|バンタム級トーナメント決勝戦
朝倉海 − 扇久保博正


https://www.fujitv.co.jp/rizin/

続きを読む

1 :Egg ★:2021/12/31(金) 12:18:18.96 ID:CAP_USER9

サムネイル 実業家の「ホリエモン」こと堀江貴文氏が29日、ツイッターを更新し、元東京都知事で国際政治学者の舛添要一氏による同日付のツイッター投稿を引用する形で、コロナ禍におけるワクチン未接種者に対する社会の対応について私見をつづった。

 舛添氏は「コロナ感染急増で、フランスの病院は多忙を極めている。急患をすべて断るような状況だ。コロナ入院患者の80%はワクチン未接種。ワクチン接種の重要性が分かる」と指摘。そのことを受け、堀江氏は「なんでワクチン未接種者の尻拭いを社会全体でやんなきゃなんないんでしょうね、、って思いますね」と問題提起した。

 日本国内では新型コロナワクチンを少なくとも1回打った人が1億人を超えたことが、12月8日に厚労省から公表された政府集計で明らかになった。集計では、少なくとも1回打った人は1億1521人で接種率は79.0%。このうち2回完了したのは9785万5729人で77.3%に上る。逆にいえば、20%以上が2回目の接種を完了していないことになる。日本国内のワクチン接種は開始から10か月足らずで接種率が80%近くまで伸びたが、11月以降は伸び悩んで頭打ちの傾向にあるという。

よろずー 12/29(水) 17:05
https://news.yahoo.co.jp/articles/e1df1048d4140d3fbcaafd6024bb4a131be4f9ea

写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211229-11327166-yorozuns-000-25058203-view.jpg?pri=l&w=541&h=640&exp=10800

Egg ★ 2021/12/30(木) 21:09:12.85
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1640866152/

続きを読む

1 :爆笑ゴリラ ★:2021/12/31(金) 12:15:06.92 ID:CAP_USER9

サムネイル 12/31(金) 11:09
SmartFLASH

かまいたち濱家、女子トイレ侵入を暴露され日向坂46に土下座謝罪「すみませんでした!」
Copyright (C) 2021 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.
 かまいたち・濱家隆一が、12月29日放送の『千鳥の鬼レンチャン』(フジテレビ系)で、テレビ局の女性用トイレに誤って侵入してしまったことを謝罪した。

 日向坂46・富田鈴花が「テレビ局で先輩がお手洗いに行ったとき、濱家さんが女子トイレに入ってきちゃって」と暴露。濱家は、急な腹痛に襲われてトイレに入ったが、女性の声が聞こえたことで、「えっ? ちょっと待て」とあわててしまった。

 そのため、「拭かずにパンツあげて(個室を)出た。日向坂46の子が入って来たところだったから『キャー!』ってなって『ごめん』って出た。だからなんにもしてない」と必死で弁明。結果、濱家は「日向坂46の皆さん、女子トイレでう●こを残し、不安にさせてすみませんでした」と土下座で謝罪していた。

 山内健司が「『ZIP!』は降ります。警察呼んで」と濱家が水曜レギュラーの『ZIP!』(日本テレビ系)降板を示唆するツッコミをして、一同の笑いを誘っていた。

 濱家の大失敗にSNSでは大きな反響が寄せられた。

《待って濱家さん面白すぎたよね》

《その気はなかったんだね。 同情はするよ》

《濱家が女子トイレに入った話やばいw》

「8月28日放送の『FNS ラフ&ミュージック〜歌と笑いの祭典〜』(フジテレビ系)では、濱家さんが浜崎あゆみさんに土下座した話が明かされています。浜崎さんが『前室にいたとき、濱家さんに無視されたんです』と暴露。『濱家さんが出てこられたのが見えたんで、こうやって(直立して)待ってたら』と、素通りされた様子を再現。濱家さんは『違うんですよ〜。本当に気づかなくて』とあわてて説明していました」(芸能ライター)

 大失敗も、ネタにできるのが濱家の強みだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211231-00010001-flash-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/dd23eaac21448a05805b0653949c4e007658ef49

続きを読む

1 :爆笑ゴリラ ★:2021/12/31(金) 12:08:57.46 ID:CAP_USER9

サムネイル 12/31(金) 11:22
スポニチアネックス

笑い飯・哲夫 潔癖症ゆえ!?食事中の“謎のこだわり” 相方・西田が証言「後輩に『米汚すな!』って」
笑い飯・哲夫
 お笑いコンビ「笑い飯」の哲夫(47)が30日放送の東海テレビ「千原ジュニアのヘベレケ忘年会SP」(深夜12・15)に出演。食事をする上の謎のこだわりを明かした。

 几帳面な性格で潔癖症だという哲夫。「20年くらい前から、コンビニとかスーパーで買う缶ビールの飲み口の所はきれいに洗ってからじゃないと飲まない。飲み口をアルコール消毒してから飲む」ほどの徹底ぶりだという。

 そんな中、相方の西田幸治が「(哲夫を)見てたら訳わからん所で、後輩怒っている時あります」とし、「別にいいやんと思いながら聞いてたのが、『米汚すな!』って言って怒ってるんですよ。なんかおかずを乗せたりだとか…」と証言。哲夫にとっては、白米の上におかずを乗せて食べるという行為が許せないといい、「焼き肉とかでもタレの部分のご飯がおいしいとかみんな言うんですけど。白飯は白飯で食うた方がええからって僕は思うんですよ」と自身の考えを口にした。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211231-00000144-spnannex-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/c91c41689dd221b29513ee5f98c3a1141b856101

続きを読む

1 :muffin ★:2021/12/31(金) 15:08:15.06 ID:CAP_USER9

サムネイル https://www.j-cast.com/2021/12/31428015.html

今年の年末は、「笑ってはいけない」がない——。

年末の風物詩となっていただけに、大みそか当日のインターネット上では、放送がないことを嘆く声や、過去のシリーズを懐かしむ声が続々と出ている。そこでJ-CASTニュース編集部は、過去18回にわたって放送された「笑ってはいけない」の歴史を振り返ることにした。

「笑ってはいけないシリーズ」の第1回は、2003年7月から8月にかけて「ガキ使」の通常放送において、4回に分けて放送されていた。そう、シリーズの始まりは大みそか番組ではなかったのである。

さらに、笑ってしまった際の罰が、今と全く異なるものだった。罰をめぐっては第2回からムチなどが使われているが、第1回のみ、その執行手段は「吹き矢」だったのである。 後のガキ使の通常放送で明かされたところによると、吹き矢の構造はシンプルなもので、工作用の木製の棒に縫い針を取り付けただけのハンドメイド感あふれる手作りの製品。それを、罰を受ける出演者の尻目がけて吹き矢として発射し、これを命中させるというものだった。

針は実際に出演者の尻に刺さっており、このため、命中の瞬間は大きな悲鳴が上がることに。近年の棒よりもハードな罰、と言っていいだろう。

また、シリーズに参加するメンバーにも違いがあった。2006年までは、「ガキ使」のレギュラーが全員参加していたわけではなく、通常放送における対決企画の敗者に対する罰ゲームとして開催されており、勝者は仕掛け人として笑わせる側に回っていたのだった。なお、大みそかの放送となったのは同年からであった。

「笑うと吹き矢や棒で罰を受ける」という理不尽なルールに加え、毎年設定されるテーマもまた、視聴者を魅了したのだった。

2003年と04年の第1回と第2回はそれぞれ山梨県内の温泉旅館と湯河原温泉(神奈川県)の旅館で、出演者たちが襲い掛かる笑いの刺客からの攻撃に耐えるというものだったが、05年の第3回は「絶対に笑ってはいけない高校(ハイスクール)」という明確なテーマが設定され、以降、毎年、「絶対に笑ってはいけない○○」というタイトルとなった。

テーマが設定されて以降、出演者は「病院」(07年)、新聞社(08年)、「ホテルマン」(09年)といった、職業をロールプレイングしながら、襲い掛かる笑いの刺客からの攻撃に耐えるというフォーマットが定着したことが分かる。

回を追うごとに笑いの刺客が豪華になっていったのも、「笑ってはいけないシリーズ」の歴史を振り返る点で重要な点だ。そして、後期になると、その年に世間を騒がせてしまった著名人が「みそぎ」の形で出演し、出演者を笑わせるシーンも増えていった。
中略

たくさんの笑いを届けてきた「笑ってはいけないシリーズ」だが、演出が問題視されたこともある。17年放送の「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」の冒頭、出演者の5人が収録用の衣装に着替えた際、「ダウンタウン」の浜田雅功さんは顔を黒塗りにして登場。テーマが「アメリカンポリス」ということで米映画「ビバリーヒルズ・コップ」のエディー・マーフィーさんを意識した扮装だったが、これに対し、黒人差別ではないかとの指摘が上がったのだ。

この演出に対しては年明けから番組を批判する論調の報道が目立ったほか、騒動を報じた「ハフィントンポスト」の取材に対し、日本テレビが、マーフィーさんを意識したものであり、差別する意図はなかったとしつつ、「本件をめぐっては、様々なご意見があることは承知しており、今後の番組作りの参考にさせていただきます」と回答するなどした。

全文はソースをご覧ください

https://www.j-cast.com/images/2021/12/news_20211227191837.jpg

続きを読む

1 :シャチ ★ :2021/12/31(金) 16:48:09.57 ID:CAP_USER9

サムネイル  「RIZIN.33」(31日、さいたまスーパーアリーナ)

 YouTuberで総合格闘家のシバター(36)が、元K−1王者の久保優太(34)と対戦。1ラウンドで腕ひしぎ十字固めを決め、勝利した。

 リングネームをコールされた後、「伝説を見せてやる!」と絶叫した。序盤はリングを逃げ回りながら両膝をついて懇願するパフォーマンスもみせたが、距離をつめて左フックを一撃。久保が尻もちをついたところで一気に攻勢を仕掛けた。最後は飛びついて腕ひしぎ十字固めを決め、勝利をおさめた。

 勝利後は「何も言うことねえよ。久保さん次はYouTubeで。俺が負けると思ったろ、ざまあみろ、YouTuberは強いんだ!」と、雄たけびをあげた。

 シバターは昨年の大みそかでは番狂わせを演じ、元K−1のHIROYAに勝利。だが、今年は久保との対戦カードが決まってからは「実力差がありすぎる」と再三、棄権を示唆していた。

 結局、自身のYouTubeチャンネルで出場を明言したが、29日の会見でも「まだ契約書を提出していない。まだギリギリ、ワンチャンやめられるかなと。(怖いのは)本当なんですよ!みんな演技だと思っているけど」と弱腰な姿勢を見せていたが、RIZIN2連勝となった。

 今大会で格闘技引退も示唆していたシバター。「来年は出ねえぞ!」と叫びながらリングを後にした。

12/31(金) 16:26配信 デイリースポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/2c97109eaca5e20248827391b01e7394c7006afc
 久保優太を攻めるシバター(撮影・金田祐二)
https://img.news.goo.ne.jp/image_proxy/compress/q_80/picture/dailysports/s_20211231053.jpg

続きを読む

1 :爆笑ゴリラ ★:2021/12/31(金) 13:32:08.87 ID:CAP_USER9

サムネイル 12/31(金) 13:00配信
デイリースポーツ

 グラビアアイドルの犬童美乃梨(27)が31日、同日付で所属するR・I・Pを退所して、芸能界を引退することを発表した。事務所を通じた文書などで、「本日をもちまして長年お世話になりましたR・I・Pを退所し、そして芸能のお仕事から離れる運びとなりました。これまでの活動からは離れますがまた違った形で頑張っていきますのでそっと見守って頂けたら嬉しいです」と報告。「これまで支えてくださったファンの皆様、並びに関係者の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです」と謝意を伝えた。

 インスタグラムでも文書を掲載。ファンからは「お疲れさま」「笑顔をありがとう」「寂しいです」とねぎらいのコメントが寄せられた。「人生まだまだ長いです やりたい事もチャレンジしたいこともあると思います」「新たな活動頑張ってください」「自分の道を歩いて」とエールも送られていた。

 犬童は、地元の愛知県で芸能活動をスタートさせて、2015年から東京を拠点に。同年には同じ事務所の橋本梨菜(28)らとアイドルユニット「sherbet」を結成。B88W59H84のGカップボディーでファンをとりこにしてきた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211231-00000031-dal-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/d94b723c98545aa3c151b7f3cd4b0b676f8f9e98

【写真】「グラビア界ナンバー1美ボディー」の異名を取った犬童美乃梨 最後のインスタ
https://i.daily.jp/gossip/2021/12/31/Images/f_14955136.jpg

続きを読む

1 :Egg ★:2021/12/31(金) 12:16:41.52 ID:CAP_USER9

サムネイル 日本代表FW古橋亨梧のプレーするスコットランド1部の名門セルティックはさらなる日本人選手の補強が噂されている。英地元紙「デイリー・レコード」はFW前田大然(横浜F・マリノス)、FW旗手怜央(川崎フロンターレ)、MF井手口陽介(ガンバ大阪)の3人が条件面で個人合意に達しており、一挙に3選手の獲得を完了させる見込みだと報じている。

 報道によれば、前田と井手口の2人はすでに英国に到着しており、旗手も数日中には渡英する予定だという。3人の労働ビザ取得の手続きも順調に進んでいるようだ。

 前田については日本でもすでに報じられていたように、今季終了まで半年間の期限付き移籍で、来夏に170万ポンド(約2億6000万円)で完全移籍となる。旗手と井手口に関して条件面の詳細はまだ明らかになっていないが、ともに合意に達しているという。

 アンジェ・ポステコグルー監督の下でセルティックは今季すでにリーグカップを制覇。決勝では古橋が2ゴールの活躍を見せた。昨季、宿敵レンジャーズに明け渡したリーグ王者の地位奪還を目指すなかで、ポステコグルー監督と古橋に続く日本からの補強でさらに戦力を充実させることになりそうだ。

フットボールゾーン 12/31(金) 9:50

写真https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211231-00359838-soccermzw-000-13-view.jpg?pri=l&w=640&h=426&exp=10800
https://news.yahoo.co.jp/articles/f686494a39d94855b441834a8b664e32b67eed96

続きを読む

1 :サザンカ ★:2021/12/31(金) 13:08:42.95 ID:CAP_USER9

サムネイル https://www.oricon.co.jp/news/2219463/full/

年末恒例の『第63回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系 後5:30〜10:00)の授賞式が30日、東京・新国立劇場で行われ、5人組ダンス&ボーカルグループ・Da-iCEの「CITRUS」が、レコード大賞を初受賞した。結成10周年の今年、ついに栄冠を手にした。男性ダンス&ボーカルグループの大賞受賞は2015年の三代目 J SOUL BROTHERS以来、6年ぶり。

結成は2011年1月。2014年1月に「SHOUT IT OUT」でメジャーデビューした。ボーカルの大野雄大・花村想太と、パフォーマーの工藤大輝・岩岡徹・和田颯の5人で、4オクターブの音域をカバーするツインボーカルの歌唱力が特徴。受賞した「CITRUS」は2020年11月リリースの21stシングル。日本テレビ系日曜ドラマ『極主夫道』の主題歌に起用され、日本人男性ダンス&ボーカルグループ史上初のサブスク1億回再生を突破した。

受賞前、歌唱の際には「結成して(まる)10年、デビューして7年なんですけど、ずっと賞に恵まれなかったのでありがたいです」と10周年での優秀賞受賞にしみじみと語り、リーダーの工藤は作詞を手掛けた同曲について「自分が信じる道を極めることの大切さを表現しました」と思いを伝えていた。

■過去10年間『レコード大賞』受賞者
第62回(2020年):「炎」(LiSA)
第61回(2019年):「パプリカ」(Foorin)
第60回(2018年):「シンクロニシティ」(乃木坂46)
第59回(2017年):「インフルエンサー」(乃木坂46)
第58回(2016年):「あなたの好きなところ」(西野カナ)
第57回(2015年):「Unfair World」(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)
第56回(2014年):「R.Y.U.S.E.I.」(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)
第55回(2013年):「EXILE PRIDE〜こんな世界を愛するため〜」(EXILE)
第54回(2012年):「真夏のSounds good !」(AKB48)
第53回(2011年):「フライングゲット」(AKB48)

■『第63回輝く!日本レコード大賞』
【優秀作品賞】

「明け星」LiSA
「君がそばにいるから」純烈
「ごめんねFingers crossed」乃木坂46
「CITRUS」Da-iCE
「Take a picture」NiziU
「Dream on the street」DA PUMP
「根も葉もRumor」AKB48
「Backwards」三浦大知
「Happy!」氷川きよし
「勿忘」Awesome City Club

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/12/30/jpeg/20211230s00041000528000p_view.jpg


https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1640905326/

★1:2021/12/30(木) 21:55:14.87
【音楽】第63回日本レコード大賞にDa-iCE「CITRUS」 [サザンカ★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1640868914/

続きを読む

このページのトップヘ