1 :muffin ★:2022/07/01(金) 00:31:26.62 ID:CAP_USER9

サムネイル https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/801557/
2022/06/30 22:20

たとえばミステリー小説を読んでいるとき、多くの人は事件の結末や犯人を予想するもの。しかし最後まで読み進めると全く予想外のラストを迎え、作者が仕掛けたトリックにまんまとひっかっていたことに気付かされることもあります。

衝撃のラストを味わえる作品として有名なのが『殺戮にいたる病』。ゲーム「かまいたちの夜」を手掛けたことでも知られる我孫子武丸さんの小説です。大学に通いながら殺人を繰り返す「蒲生稔」を始め、さまざまな視点から数々の事件を描く群像劇。グロテスクな表現は多いものの、そのトリックの手法は国内最高峰ともよばれている傑作です。

あなたが「衝撃のラストが味わえる」と思う小説はなんですか?

・殺戮にいたる病 著:我孫子 武丸
・むらさきのスカートの女 著:今村 夏子
・六人の嘘つきな大学生 著:浅倉 秋成
・medium 霊媒探偵城塚翡翠 著:相沢 沙呼
・十角館の殺人 著:綾辻 行人
・ロートレック荘事件 著:筒井 康隆
・ハサミ男 著:殊能 将之
・噂 著:荻原 浩
・イニシエーション・ラブ 著:乾くるみ
・アヒルと鴨のコインロッカー 著:伊坂 幸太郎


全文はソースをご覧ください

  1. 7 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 00:36:44.69 ID:ehM5r+xk0

    アガサの小説で犯人は実は村人全員とかそういう
    むちゃぶりなのあったよな?

  2. 8 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 00:37:46.22 ID:g5P5W93f0

    島田荘司の占星術殺人事件のトリックを読んだ時の
    あの頭が真っ白になる感覚をもう1回味わいたい

  3. 9 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 00:38:11.42 ID:lc+ri7ca0

    殺戮にいたる病は程々に短くてサクッと読めるから一度は読んでおいた方がいいかもね
    あと、0の殺人はが読了後にちょっと感心した

  4. 11 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 00:40:18.90 ID:eOr9Qr9t0

    十角館のあの1ページ

  5. 15 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 00:42:05.99 ID:pAiCfDAQ0

     
    ある日、泣き声がしゃくに障ったので妹を殺した。
    死体は井戸に捨てた。
    次の日見に行くと死体は消えていた。

    5年後、些細なけんかで友達を殺した。
    死体は井戸に捨てた。
    次の日見に行くと死体は消えていた。

    10年後、酔った勢いで孕ませてしまった女を殺した。
    死体は井戸に捨てた。
    次の日見に行くと死体は消えていた。

    15年後、嫌な上司を殺した。
    死体は井戸に捨てた。
    次の日見に行くと死体は消えていた。

    20年後、介護が必要になった母が邪魔なので殺した。
    死体は井戸に捨てた。
    次の日見に行くと死体は消えていなかった。

    次の日も、次の日も死体はそのままだった。
     

  6. 20 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 00:44:24.76 ID:BBxVqyFG0

    アガサ・クリスティはすごかったよな

  7. 22 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 00:46:36.87 ID:gRjTL65w0

    葉桜の季節に君を想うということ

  8. 32 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 00:49:17.35 ID:mCnRNEod0

    十角館の殺人は映像化できないNo.1作品だと思ってる

  9. 40 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 00:51:18.16 ID:yYJDH6Bu0

    アガサの小説で犯人は実は村人全員とかそういう
    むちゃぶりなのあったよな?

    >>7
    容疑者全員犯人
    語り手が犯人
    既に死んだはずの奴が犯人

    色々やってる

  10. 47 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 00:52:46.12 ID:a6RKUUVx0

    アイリッシュの「幻の女」。
    だいぶ大人になってから読んで面白かった。
    実は小学生時代に読んで感動してたがもう忘れてた、
    和田慎二の漫画「愛と死の砂時計」の元ネタだった。

  11. 55 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 00:57:52.20 ID:XC/S1/hH0

  12. 57 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 00:57:55.21 ID:AD7+jNXn0

    乙一と平山夢明なんかどうかな

  13. 61 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 01:00:12.18 ID:i4UoQJsS0

    島田荘司の占星術殺人事件のトリックを読んだ時の
    あの頭が真っ白になる感覚をもう1回味わいたい

    >>8
    先に金田一でトリックだけ知ってたからガッカリ感半端なかったな。
    そりゃ作者もブチ切れですよ。

  14. 70 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 01:07:12.96 ID:8SUpB+Dl0

    殺戮はホント最後のたった一言で天地ひっくり返ったな

  15. 86 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 01:14:49.00 ID:OAa2qdzk0

    慟哭とかどうよ

  16. 92 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 01:18:51.46 ID:XC/S1/hH0

    マンガ含むならこれ以上のラストは考えにくい
    https://i.imgur.com/TarAv5d.png

    衝撃的だしなるほどこれしかないし
    完っ璧
    文句の付けようがない

  17. 93 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 01:20:19.42 ID:GsjXXe3x0

    姑獲鳥の夏やな

  18. 94 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 01:20:21.17 ID:76c2CQeD0

    殺戮を読んだ人が多くてなんかうれしい
    あれをNo.1と思ってても人には薦めづらいんだよな

  19. 97 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 01:21:24.14 ID:il7zVF/U0

    殺戮に至る病って映画化にならないかな
    かまいたちの夜のほうが雰囲気いいのかもしんないけど

  20. 99 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 01:21:48.91 ID:0SQBqNhm0

    乙一と平山夢明なんかどうかな

    >>57
    ゴスは好きだった

    ミステリーじゃなくても良いみたいだし
    初読の村山由佳の天使の卵はうえっうえってなった

  21. 104 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 01:23:13.40 ID:76c2CQeD0

    ここに挙がってないやつだと乾くるみの「匣の中」
    トンデモ系の結末なんだけどなにもかもが綺麗に収まってすげぇ爽快感だった

  22. 105 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 01:24:01.57 ID:qxiEyfBg0

    姑獲鳥の夏やな

    >>93
    なかやまきんに君いわく

    おぃ!
    見えてるのか?
    見えてないのか?
    どっちだい

  23. 108 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 01:24:24.58 ID:enmBmcF10

    我孫子武丸の最高傑作は殺戮に至る病だと思うけど何度も読み返してるのは速水兄弟シリーズなんだよなぁ
    メビウスの殺人で終わりなのがもったいない

  24. 128 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 01:34:44.24 ID:1JuIycdR0

    アイリッシュの「幻の女」。
    だいぶ大人になってから読んで面白かった。
    実は小学生時代に読んで感動してたがもう忘れてた、
    和田慎二の漫画「愛と死の砂時計」の元ネタだった。

    >>47
    一時期、ミステリー人気1位だったから読んだら、面白かった
    夏樹静子 原作の火サス『幻の男』もまあまあ楽しめた

  25. 141 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 01:49:05.00 ID:E05jMrf10

    登場人物の名前が覚えられなくて、十角館は例のページを普通にスルーしてしまった

    ちょっと趣旨違うけど泡坂妻夫の幸せの書は小説がそのままマジックに使えるようになってて面白かった
    1ページごとに袋とじになってるやつとかもあったな

  26. 144 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 01:51:34.01 ID:i0n4/6Wq0

    登場人物の名前が覚えられなくて、十角館は例のページを普通にスルーしてしまった

    ちょっと趣旨違うけど泡坂妻夫の幸せの書は小説がそのままマジックに使えるようになってて面白かった
    1ページごとに袋とじになってるやつとかもあったな

    >>141
    袋とじのは凄すぎて開けてないのも一冊保存してる
    衝撃は二作目の方が強いけど

  27. 188 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 04:05:06 ID:j+VNwb1G0

    我孫子武丸の人形探偵シリーズで、セックスしたことを「○○さんは優しかった」みたいな表現してたのが好きだった

  28. 224 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 05:27:41.78 ID:TMFSON7A0

    アガサ・クリスティはすごかったよな

    >>20
    コンテンツあふれた現代
    映画やドラマになってるのを見ると
    イマイチな上に陰鬱なんだけど
    小説で読むと面白いのかな

  29. 228 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 05:32:49.31 ID:o4hpefhb0

    イニシエーションラブは最後の1行でビビるけど、それまでが酷い
    まあ最後の1行で全部報われるけど

  30. 245 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 06:12:08.61 ID:BoptngCi0

    殺戮はホント最後のたった一言で天地ひっくり返ったな

    >>70
    大学生なのにオッサン呼ばわり?とかのいくつかあった違和感が繋がってスッキリしたわ

  31. 260 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 07:00:32.13 ID:PiHb3ZAr0

    ロクヨンかなぁ
    結構無理があったけど引き込まれた

  32. 264 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 07:15:33.63 ID:IcLaqp840

    ロクヨンかなぁ
    結構無理があったけど引き込まれた

    >>260
    で娘は?で消化不良気味やったな
    まあメインストーリーの伏線に絡んではいたけどさ

  33. 269 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 07:22:23.00 ID:QSSZWZps0

    麻耶雄嵩の神様ゲーム
    これが当初ジュブナイルとして発刊されたことも含めて

  34. 277 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 07:29:20.22 ID:XY2vvMrn0

    犯人は居なくて全部偶然だったとかは無いの?

  35. 280 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 07:33:01.60 ID:LxNKq+im0

    犯人は居なくて全部偶然だったとかは無いの?

    >>277
    あるよ
    すげー因縁めかした絵画とか出しておいて
    ただの偶然でしたとかやらかしたのが

  36. 281 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 07:34:23.71 ID:JvhnDHqK0

    だいたい叙述トリックって卑怯なだけじゃん
    あんなんいくらでもできるわ

    日本語だと思っていたけど、実は外国語とかでもいいんでしょ

    星降る荘とか、あれ、天の声じゃん
    天の声で、探偵は犯人じゃないとか言っていいわけ?
    天の声使えばいくらでもミスリードできる
    探偵が犯人ではないって、作中の人物が推理すべきじゃないの

  37. 282 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 07:39:04.83 ID:T9ZQQLNO0

    だいたい叙述トリックって卑怯なだけじゃん
    あんなんいくらでもできるわ

    日本語だと思っていたけど、実は外国語とかでもいいんでしょ

    星降る荘とか、あれ、天の声じゃん
    天の声で、探偵は犯人じゃないとか言っていいわけ?
    天の声使えばいくらでもミスリードできる
    探偵が犯人ではないって、作中の人物が推理すべきじゃないの

    >>281
    伏線がきちんと張られていることが、受け入れられるか否かだいぶ違う。

    隠したいがあまり、ぽっと出が犯人なのがいちばん醒める。

  38. 285 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 07:40:45.81 ID:LfLxXACk0

    だいたい叙述トリックって卑怯なだけじゃん
    あんなんいくらでもできるわ

    日本語だと思っていたけど、実は外国語とかでもいいんでしょ

    星降る荘とか、あれ、天の声じゃん
    天の声で、探偵は犯人じゃないとか言っていいわけ?
    天の声使えばいくらでもミスリードできる
    探偵が犯人ではないって、作中の人物が推理すべきじゃないの

    >>281
    いくらでもできるからこそ納得させるのに簡単じゃないんじゃん
    ここに名作が出てるけどふざけんなよって本がどれだけあるか

  39. 287 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 07:43:58.23 ID:ssPxFpyn0

    殺戮に至る病って映画化にならないかな
    かまいたちの夜のほうが雰囲気いいのかもしんないけど

    >>97
    あの叙述トリックは文章と複数視点で物語がすすむことで成立するから映像化するには主観視点で進行しないといけないけどすぐバレそう

  40. 288 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 07:44:01.10 ID:FTUxdspj0

    イニシエーションラブの内容あんまり覚えてないけどつまらなかったような
    A面B面って今の子わかんないよねと思ったような

  41. 296 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 07:51:16.35 ID:FxdJH9Ud0

    ここに挙がってるのはだいたい読んでるけどすべてが明らかになった後
    一番驚愕したのはここにはない葉桜だな
    最後「なんじゃこりゃー!」ってなった

  42. 298 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 07:53:21.74 ID:N/Kjy4fQ0

    ミステリーで、結局犯人はわからずじまいの作品はある??

  43. 300 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 07:55:36.81 ID:FTUxdspj0

    ここに挙がってるのはだいたい読んでるけどすべてが明らかになった後
    一番驚愕したのはここにはない葉桜だな
    最後「なんじゃこりゃー!」ってなった

    >>296
    あれ最初から違和感すごくない?
    なんなのこいつら?幾つなの?と思って読んでたような

  44. 312 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 08:09:22.98 ID:bIIGelwr0

    一番犯人じゃないと思ってた奴が実は身体障害者のふりしてた犯人だったユージュアルサスペクツみたいなやつ見たいな

  45. 313 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 08:10:07.02 ID:08KxU8E/0

    コンテンツ大量消費時代に小説みたいな時間と労力かかるもの読んでる人いるの?

  46. 314 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 08:10:13.02 ID:pvZw4UuN0

    十角館のマンガ版良かったわ
    犯人もイケメンだった
    最後の改変はやめて欲しかったけど

  47. 315 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 08:14:26.13 ID:bYTZhB8t0

    浦島太郎は衝撃のラスト小説の始祖だよね

  48. 322 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 08:34:35.52 ID:bysv1RlU0

    十角館のマンガ版良かったわ
    犯人もイケメンだった
    最後の改変はやめて欲しかったけど

    >>314
    あれだと犯人が情弱勘違い野郎になっちゃうからね
    でも原作知ってる人でも新鮮に読めて良いと思った

  49. 323 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 08:34:40.35 ID:UUFp6p1R0

    浦島太郎は衝撃のラスト小説の始祖だよね

    >>315
    異世界からの帰還と現実の孤独は衝撃
    主人公の浦島さんに希望を一切残してない所もポイント高い

  50. 332 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 08:56:21.92 ID:t+1IvoJc0

    戦国自衛隊:半村良

    軍隊が過去に異世界に、って小説の先駆け
    それだけじゃなくてラストもオオ!となる終わり方

  51. 339 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 09:04:46.27 ID:wgMG18KK0

    葉桜の季節に君を想うということ

    >>22
    葉桜評価高いね。俺はイマイチだった。
    叙述トリックとしてはそれはルール違反じゃね?って感じしたから。

  52. 345 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 09:09:22.78 ID:86WhFUhp0

    葉桜と同じ年に西澤保彦が神のロジック・人間のマジックを出したんだけど肝の部分が丸被りで不幸だった

  53. 353 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 09:40:05.02 ID:upeM2dBY0

    殺戮にいたる病を友人に薦めたら気持ち悪いからと読み終える前に返されそれ以来避けられるようになった

  54. 356 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 09:46:28.14 ID:u5m6bX1V0

    十角館の殺人は映像化できないNo.1作品だと思ってる

    >>32
    犯人があしゅら男爵みたいな顔で
    島パートを男顔、本土パートを女顔だけを見せてコナンくんの例のセリフと共に正面顔を見せれば可能

  55. 358 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 09:49:44.91 ID:i1COE65H0

    葉桜と同じ年に西澤保彦が神のロジック・人間のマジックを出したんだけど肝の部分が丸被りで不幸だった

    >>345
    西澤は東野の「ある閉ざされた雪の山荘で」のだいぶ後にネタが被った「ストレート・チェイサー」出しててさすがにバカじゃねーのと思った

  56. 379 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 10:14:58.20 ID:3lxg40Tl0

    SFならエンダーのゲームは結構衝撃のラストだったな

  57. 381 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 10:19:49.06 ID:VKF3bS890

    SFならエンダーのゲームは結構衝撃のラストだったな

    >>379
    あれは良作だったね

    あとリングワールドと言うかティーラ・ブラウン遺伝子の行く末が・・・

  58. 481 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 13:01:07 ID:DaMiY7gX0

    ちょっとエッチなミステリなら○○○○○○○○殺人事件とかもあるな
    映像化したらかなりエッチな気もする

  59. 504 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 14:10:10.08 ID:JiMfNJKu0

    本文で未登場で存在自体に触れられていないのに
    ラストでこいつが真犯人でした、なら斬新なのに

  60. 540 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 15:35:33.37 ID:DtM5/Zlf0

    「イニシエーション・ラブ」って映画レンタルで借りて観たわ
    あれって小説世界のトリックじゃなくて小説のトリックなのな
    ある意味子供騙しw

  61. 581 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 18:03:45.64 ID:wD88QzrJ0

    「○○○○○○○○殺人事件」って書き込む人はタイトルの○の数を憶えてて凄いなぁって思ってた
    読了すると憶えられるんだね

  62. 650 :名無しさん@恐縮です:2022/07/01(金) 23:10:19.64 ID:fct8InB70

    十角館って読んだけど全然良くなかった
    本格ミステリーとか言われてる物って好き嫌いは分かれるよね

  63. 664 :名無しさん@恐縮です:2022/07/02(土) 00:10:48.28 ID:HLt+Oa2y0

    個人的にクイーンで一番好きなのは、トリックは地味で一番つまらんが、
    山火事を生き延びようとする描写の良さでシャム。
    ギリシアは評価高いが、ミスリードをギリギリまでやってるので、ちょっとズルい。
    フランスやエジプトは面白かった。
    で、ラストが一番衝撃だったのは、レーン最後の事件かな。
    面白い結末とは言えないが、さすがにああなるとは思わなかった。

  64. 688 :名無しさん@恐縮です:2022/07/02(土) 02:09:46.51 ID:4QbSr5o40

    十角館はあの1行がピンと来ない人がいるのが不思議過ぎるんだけど
    元になる作家の名前を知らないとそもそも思い込みをしないから衝撃受けないみたいね

  65. 695 :名無しさん@恐縮です:2022/07/02(土) 03:28:47.24 ID:SF7/Os/e0

    厳選ミステリー常連の全てがFも、そんなに評価が高いのならどうせ四季は生きているんでしょ、とみんな思うよねw