サミュエルズ大佐

2ちゃんねるの芸能とスポーツのまとめブログやってます。

カテゴリ: フィギュア

1 :jinjin ★:2022/08/14(日) 07:43:43.28 ID:CAP_USER9

サムネイル 羽生結弦 浅田真央との共演ショー計画が浮上!新設アリーナのこけら落としの目玉に


プロ転向を決めた羽生結弦(27)。
公式YouTubeチャンネルの開設も話題になっているが、彼にまつわるある共演計画を本誌はキャッチした。


「浅田真央さん(31)と羽生さんが共演するアイスショーの案が浮上しているのです」
そう話すのは愛知県内のフィギュア関係者だ。

「名古屋では、’25年夏にアリーナ級の規模の愛知県新体育館が完成します。これは’26年に開催される愛知・名古屋アジア競技大会の目玉施設。同大会成功のためにも、大きな宣伝効果のあるイベントで“こけら落とし”をしたいという狙いがあります。複数の案を検討している現状ですが、“大本命”が日本を代表するトップスケーター2人によるショーなのです」


3年後に名古屋でーー。
この夢プロジェクトが実現すれば約10年ぶりのアイスショー共演となる。

「2人が最後に公に同じ氷上で舞ったのは、’16年の世界選手権のエキシビション。ショーでの共演となると、’14年が最後です」(前出・フィギュア関係者)

今回のプロジェクト浮上には、布石となったできごとがあるという。羽生の“名古屋入り解禁”だ。
羽生は今年6月に『ファンタジー・オン・アイス』名古屋公演に出演したが、彼の名古屋でのショー出演は8年ぶりのことだった。

「名古屋といえば、真央ちゃんの地元。愛知県民は彼女が幼いころから娘のように応援してきました。羽生人気は愛知県でも高いですが、県民は“一番のフィギュアスケーターは真央ちゃん”という思いが強い。それゆえ、羽生さんをメインとしたショーの名古屋での開催は避けるような空気があったのです」(前出・フィギュア関係者)


しかし浅田が現役引退後に続けていた『サンクスツアー』が昨年4月で完結したことが契機に。

「彼女がスケーター人生に区切りをつけるような発言をしていたこともあって、そのタイミングで羽生さんが出演するショーを名古屋に召致すべく、関係者が本格的に動きだし、今年、実現しました」(前出・フィギュア関係者)

結果的に、この公演は大盛況。

「羽生さん側も名古屋にいい感触を持ってくれているのを確認でき、“今後もぜひ名古屋に来てもらいたい”と考えた関係者が多かったのです。一方で、真央ちゃんも新たなアイスショーを始めることを発表し、プロスケーターを続ける意欲を見せています。そこで“国民的スターの2人に名古屋で共演してもらえれば、アジア競技大会の大きな宣伝になるのでは”という考えが生まれたというわけです」(前出・フィギュア関係者)


“共演タブー”のように扱われてきた2人だが、その仲は良好。

「現役当時、エキシビションで2人が手をつなぎ見つめ合ってクルクルと氷上を回っていたことがありました。華やかでほほえましい光景でしたよ」(スポーツライター)

因縁の地・名古屋で、ゆづ&真央ちゃんの“奇跡の共演”が10年ぶりにかなうことを願うばかりだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/c85c1924260a6ac098c5d7e295a378988bc23eb9

続きを読む

1 :muffin ★:2022/07/20(水) 22:24:35.08 ID:CAP_USER9

サムネイル https://asajo.jp/excerpt/147226
2022/07/20

 フィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦が7月19日、都内のホテルで会見し、現役引退とプロ転向を正式表明した。この会見に先立ち、羽生の熱狂的ファンのユヅリストたちは怒り心頭に発していたという。

 羽生のマネジメント会社は、7月18日に羽生が19日に都内のホテルで会見するとマスコミ各社にアナウンス。本人が会見で何を語るのかは明示されず、さまざまな憶測を呼んだ中、19日朝に日刊スポーツが、羽生が現役引退してプロ転向する意向を固めたとスクープしたため大騒ぎとなったのだ。

 ともあれ、会見で本人の口から現役引退の発表を聞きたかったファンはフライング報道に大激怒。SNS上ではユヅリストたちが日刊スポーツを敵視し、「羽生くんであれだけ金儲けしてこの仕打ち!」「本当に失礼!」「二度と日刊は買いません」などと同紙の不買運動を始めている。

 羽生に関しては、今年2月の北京五輪でも不買運動が起きていた。

 羽生がショートプログラムでリンクにできた“穴”にハマってしまい、演技終了後、その穴を目視で確認したことについて、サンケイスポーツの編集委員がコラムでその穴の存在を“アピール”したなどと苦言を呈した。

「すると、SNS上でサンスポに対する不買運動が勃発しました。スポーツ各紙にとって羽生は売上アップの“お得意さま”。1面で取り上げるとユヅリストが大量購入することで知られます。だから、スポーツ各紙は羽生に批判的な論調はできません」(スポーツ紙記者)

 スポーツ紙の中には、日刊スポーツ以外にも羽生の現役引退を察知していた媒体があったという。

「今月1日から新シーズンが始まり、羽生がグランプリシリーズへの参戦を表明すると信じ込んでいた媒体もあれば、逆に現役引退の情報をキャッチしたけど不買運動を恐れてあえてスクープしなかった媒体もあったようです」(ワイドショー関係者)

 こうした騒動が起きるのも、羽生が大スターである証左か。

続きを読む

1 :muffin ★:2022/07/18(月) 16:17:21.93 ID:CAP_USER9

サムネイル https://www.nikkansports.com/sports/news/202207180000472.html
2022年7月18日15時0分

フィギュアスケート男子で冬季オリンピック(五輪)2連覇の羽生結弦(27=ANA)が「決意表明」の記者会見を19日午後5時から開く。18日、マネジメント会社team Siriusが発表した。

「この度弊社がマネジメントしている羽生結弦(ANA所属)による決意表明の場として下記の通り記者会見を開催いたしますのでご案内いたします」と、都内の会場名と時間を案内した。

複数の関係者によると、進退に関して決断し、報告する場を設ける準備を進めていた。夢として追い続けてきたクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)が世界初認定された2月の北京五輪後、去就について明言してこなかったが、今月に入り、都内で記者会見を開く意向を固めたという。

アスリートとしての実績は飛び抜けている。14年ソチ五輪でアジア男子初のメダルを獲得すると、続く18年平昌五輪で同66年ぶりの2連覇。同年には個人として最年少となる23歳で国民栄誉賞を受賞した。3度目の出場となった2月の北京五輪フリーでは前人未到の4回転半(4A)に挑んだ。右足首を痛めた中、転倒はしたものの、国際スケート連盟(ISU)公認大会で史上初の4A認定を受けていた。

中略

ただ、進退について正式に明言してこなかった。今月1日に更新された日本連盟の22−23年シーズン強化選手ページに「いつも応援いただき本当にありがとうございます。今シーズンもより高みを目指して頑張ります」と掲載されたが、関係者によれば、直接、生の声で進退を表明するため都内会場をおさえていた。

決断を口にできるのは、羽生結弦しかいない。数々の語録も生んだ男から、新たな挑戦について、どのような決意表明が飛び出すのか注目される。【木下淳】

全文はソースをご覧ください

https://www.nikkansports.com/sports/news/img/202207180000472-w500_0.jpg

続きを読む

1 :ネギうどん ★:2022/05/20(金) 10:58:10.97 ID:CAP_USER9

サムネイル  お揃いの黒いキャップを目深に被り、大きなマスクで顔を隠した2人の女性が、都内の高級中華料理店のエントランスに姿を見せた。夕食を終えたところなのだろう、店の支配人に見送られた2人は軽く会釈を返し、陽が落ちて肌寒い風が通る、5月中旬の週末の夜道を足早に歩く。

 小声で会話をしているのか、お互いの帽子のツバが触れ合うぐらいに顔を寄せ合ったかと思うと、1人がおもむろに他方の腕を取り、ギュッと絡ませる。“仲がよい”という以上の距離の近さだ。小柄で華奢な体形は瓜二つ。歩く姿勢も、歩幅も、帽子の下にのぞく目の印象も、まるで生き写しのように似ていた。

 浅田真央(31才)と浅田舞(33才)。日本で最も有名なアスリート姉妹と言ってもいい2人は、その夜も、妹が長く暮らしているマンションに一緒に帰っていった。家賃は約80万円。リビングとダイニングを合わせて20畳以上の広々とした部屋だが、間取りは“単身者用”の1LDK。姉妹とはいえ2人で暮らすには違和感がある。姉妹の知人が明かす。

「もともと、真央さんがひとりで住むために借りた部屋のようです。最近になって、舞さんもそこでほぼ一緒に暮らすようになったようです。“同居状態”といいますか、それはかなり急なことだったそうです。真央さんがひとり暮らしのさみしさから呼び寄せたのか、舞さんが転がり込んだのか……。姉妹だから仲がよいのは当たり前でしょうけど、“奔放な舞さん”に影響されないか、周囲には心配している人もいるようです」

 最近の舞の活動は、インスタグラムやYouTubeなどがもっぱらだ。そんな状況にあって、急に始まった真央と舞の姉妹同居。最近の真央は、新たなアイスショーの準備に余念がなく、早朝から関東近郊のスケートリンクで練習を重ねているという。一方の舞はゴールデンウイーク中の5月5日、朝早くある場所に向かっていた。

「都心の繁華街の外れにあるパチンコ店で朝イチからスロットを打っていたら、深々とキャップを被ったスタイルのいい女の子が店内をウロウロしていました。サラリーマンやオジサンが多い街なので、すぐに目を引きましたよ。紙袋でスロット台の場所取りをしつつ、ほかの台を熱心にのぞき込んでいた。よく顔を見ると、あの浅田舞さんだったので驚きました。髪もはねていたし、化粧っ気もなかったので、急いで打ちに来たのかもしれませんね。

 しかもなかなかの“打ち筋”で、いくつか台を変えながら、コンスタントに当たりを出しているようでした。朝から夕方ぐらいまでスロット台やパチンコ台を行ったり来たりしていたので、6時間ぐらいは店にいた」(居合わせた客)

「ゾロ目」の5月5日は、パチンコやスロット愛好家からは、「1年でいちばん当たりが出やすい日」として注目される日なのだという。

「舞さんのギャンブル好きは、ごく一部の人しか知らないこと。どこか後ろめたいのか周囲には隠しているようです。でも真央さんは意に介していないようですけどね。舞さんが頼ってきてもパチンコ通いしていても、気にしていないと思いますよ。お互いに頼れるのは姉妹しかいないんですから」(前出・姉妹の知人)

https://news.yahoo.co.jp/articles/4a6cd853a2fc2d47af3794933cfd6d3701ddf43f

続きを読む

1 :シャチ ★ :2022/04/11(月) 13:40:25.73 ID:CAP_USER9

サムネイル 4/11(月) 13:34配信 スポニチアネックス
 フィギュアスケート男子で18年平昌五輪代表の田中刑事(27=国際学園)が11日、自身のツイッターを更新し、現役引退を発表した
https://news.yahoo.co.jp/articles/080cec264113689710e21b1c3671ce20a2a7b21e

続きを読む

1 :Egg ★:2022/04/03(日) 20:12:33.56 ID:CAP_USER9

サムネイル ロシアの元陸上選手でスポーツの有名評論家として知られるヨランダ・チェン氏(60)が、同国選手が不在となった世界選手権で優勝した日本の坂本花織(シスメックス)に痛烈な皮肉を浴びせた。

 ウクライナ侵攻に対するスポーツ界の制裁により、ロシア勢は3月に行われた世界選手権で出場禁止となった。ロシアメディア「19RUS」は、同国選手の排除についてチェン氏の見解を報じた。

「海外の連盟や団体、選手たちは、ロシア人がいないと競技が面白くなく、強者同士のシ烈な争いが起きないことを理解していないのでしょうか」との質問に対してチェン氏は「そんなことは感じていないのだろう。彼らは、自分たちのアスリートを見ることに興味があるのです。その恩恵を受けている人もいるくらいだ」と指摘。その端緒な例として坂本を挙げた。

「例えば、今フィギュアスケートの世界選手権で、日本人が優勝している。ロシアの選手たちに勝てるわけがない。(ロシア勢が出ていれば)坂本花織は、いつ世界チャンピオンになれたのだろうか? メダルももらえるし、お金ももらえるし、とてもいい気分なのだろう。今はその感覚を楽しんでいるようだ」と坂本の優勝は��仮�≠フものだと皮肉を交えて批判し、ロシア勢を復帰させようとしないスポーツ界を糾弾した。

 ロシアのスポーツ界では国際大会から除外されていることに対して不満が高まっているようだ。
 
東スポ 2022年4月3日 16時22分
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/21942397/

写真
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/e/5ebeb_1399_28878417_77e5b52d.jpg

続きを読む

1 :爆笑ゴリラ ★:2022/03/27(日) 13:55:49.07 ID:CAP_USER9

サムネイル 3/27(日) 7:39
デイリースポーツ

ワリエワが83・63点でトップ「信じられない感情」 世選除外の露勢が国内大会出場

 ロシアのウクライナ侵攻を受けて、世界選手権(モンペリエ)から除外されたロシアの北京五輪代表選手らが出場する「チャンネルワン・カップ」が26日、サランスクで開幕した。2チームの団体戦形式で争われる大会。26日はショートプログラムが行われた。

 女子では北京五輪で大会中にドーピング疑惑が浮上し、4位に終わったカミラ・ワリエワ(15)はトリプルアクセルは回避したが、ミスのない演技で83・63点で女子トップのスコアをマーク。満員の会場から観客からのスタンディングオベーションを浴び、国営通信社「タス通信」によると「満員の観客の前で滑るのは、信じられない感情だった。北京五輪では見ることはできなかったので」と、喜びを語ったという。

 北京五輪金メダリストのアンナ・シェルバコワ(17)は82・90点で2番手の得点をマークした。北京五輪出場を逃したエリザベータ・トゥクタミシェワ(25)は81・63点で3番手だった。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220327-00000036-dal-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/f767287914e018ccc0fda6ce98f4c284aaf6aef9

続きを読む

1 :Egg ★:2022/03/24(木) 17:00:06.12 ID:CAP_USER9

サムネイル ロシアフィギュアスケート界の名指導者として知られるタチアナ・タラソワ氏(75)が、世界選手権の女子ショートプログラム(SP)で首位に立った日本の坂本花織(シスメックス)を酷評した。

【写真】プーチン最側近の妻タチアナ・ナフカ

 坂本は会心の演技で自己ベストを更新する80・32点で首位発進した。悲願の金メダルへ向けて期待が高まる中、ロシアの重鎮が思わぬ冷や水を浴びせた。

 ロシアメディア「RBCスポーツ」は、タラソワ氏による坂本の演技に対する論評を報道。フィギュアスケート界のご意見番は「今回滑った中では、日本の女の子が一番上手かった」と一定の評価をしつつも「でも、もし��うちの子たち�≠ェリンクに出てきていたら、彼女が1位を取るチャンスはなかったでしょうね」とウクライナ侵攻によるスポーツ界の制裁で今大会を除外されたロシア勢と比べて��格下�≠ニ厳しい見解を示した。

 さらに坂本の演技について「彼女はすべてきれいにこなしたが、20年前のスケートだ。彼女は最高難度の要素を持っていなかったし、うちの子たちは技術的な完成度が常に進化している。どこでも1位になることは間違いないでしょう。日本人はよく滑ったけど、間違いなく最高レベルではない」とバッサリ斬り捨てた。

 日本の浅田真央や荒川静香なども指導した知日派の名伯楽として知られるタラソワ氏による厳しい言葉。坂本にはフリーで低評価を見返す会心の演技を期待したいところだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6bb2c18c7b0595499689042b153f3e9b916be4c9

続きを読む

1 :ぐれ ★:2022/03/23(水) 09:49:49.25 ID:CAP_USER9

サムネイル ※2022年03月22日 18時36分

 23日から始まるフィギュアスケートの世界選手権(フランス・モンペリエ)で除外されたロシアのレジェンド・スケーターらが口々に「絶対見ない」表明だ。

 五輪アイスダンス金メダルのタチアナ・ナフカ氏は、ロシア「スポーツ・エクスプレス」に「米国や欧州の人たちは、私たちの選手がいないことをとても喜んでいる。ロシア選手が世界で一番強いのだから。将来、ロシア選手の出場が不可能というような判断をした人たちが、後悔してくれることを願っている。おそらく、世界選手権は見ない。面白くないですから」とコメントした。

 また、五輪アイスダンスのメダリストで指導者のアレクサンドル・ズーリン氏も「見ない。興味が100%なくなった。ロシア選手権とサランスクの試合だけは見るつもりです」と国内選手権と、同時期にサランスクで行われる国内大会を見ると「チャンピオナット」に語った。

 また五輪女子メダリストのイリーナ・スルツカヤ氏も同メディアに「ロシアのスケーターが参加しない世界選手権を見たり、コメントしたりするのは嫌だ。全く興味がない。絶対に見ない」と宣言している。

続きは↓
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/figure-skating/4078031/

続きを読む

1 :あかみ ★:2022/03/10(木) 13:18:08.67 ID:CAP_USER9

サムネイル  フィギュアスケート大国のロシアが、21日開幕の世界選手権(フランス・モンペリエ)を��上から目線�≠ナ酷評している。自国のウクライナ侵攻により、北京五輪女子金メダルのアンナ・シェルバコワ(17)や銀メダルのアレクサンドラ・トルソワ(17)らは不参加。その悔しさも相まってか、ロシアで同選手権は「二流大会」「レベルB」などと指摘され、同時期に開催する国内大会を「真の世界選手権」と評している。

 北京五輪でロシア勢はフィギュア大国の実力を発揮した。しかし、国際スケート連盟(ISU)はウクライナに侵攻したロシアと攻撃を支援したベラルーシの選手団について、国際大会への参加を無期限で認めない措置を決定。ドーピング問題に揺れるカミラ・ワリエワ(15)を含めた��3人娘�≠�はじめ、団体やペアでメダルを量産した最強軍団が世界選手権で不在となった。

 日本や欧米を中心に表彰台を競う展開に、面白くないのがロシアだ。同国メディア「スポーツ・エクスプレス」は、世界選手権のレベル低下を嘆く記事を掲載。「シェルバコワやトルソワがいなければ、二流の大会になってしまう。種目によっては、ロシア人抜きでレベルはBシリーズ大会と同程度になる」と報じた。

 さらに同メディアは女子とペアについて細かく指摘。女子は北京五輪でロシア勢に続き銅メダルを獲得した坂本花織(シスメックス)や5位の樋口新葉(明大)には金メダル獲得の可能性もあるが「日本の坂本、樋口ら世界には強いスケーターがいるが、女子はいつものように4回転ジャンプや、3回転半ジャンプのオンパレードは期待できないだろう」と皮肉った。

 また、ペアについても「ロシア勢の不在は、ロシアと中国だけで成り立っているペア種目にとって大きな痛手となる。日本の三浦璃来、木原龍一組か、米国のペアがタイトルを取る可能性があるが、そうなれば今大会のレベルがBシリーズの大会より上になることはない」とバッサリだ。

 ロシアでは、当初3月上旬にソチで行われる予定だった国内大会「チャンネル・ワン杯」を、世界選手権にぶつけるかのように、20日に開催すると複数のメディアが報じている。世界選手権からの締め出しを食らったトップ選手が満を持して勇姿を披露する場となるだけに、同国のネット上では「これが真の世界選手権」「誰が世界選手権を見るの?」「レベルを比べてみよう」との声が相次いでいる。

 とはいえ、世界選手権こそが文字通り世界一決定戦であることに変わりはない。日本勢をはじめ出場選手は、ロシアを黙らせる演技を見せたいところだ。

https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/figure-skating/4051916/

続きを読む

このページのトップヘ