サミュエルズ大佐

2ちゃんねるの芸能とスポーツのまとめブログやってます。

カテゴリ: MLB

1 :フォーエバー ★:2022/09/18(日) 13:03:25.64 ID:CAP_USER9

サムネイル 9/18(日) 12:55配信

デイリースポーツ
 エンゼルス・大谷翔平(提供・共同通信社)

 「エンゼルス2−1マリナーズ」(17日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(28)が「3番・投手」で出場。投手としては7回107球3安打8奪三振無失点の好投で13勝目をマーク。打っては初回にレフトフェンス直撃の先制二塁打と投打で躍動した。

 前回10日のアストロズ戦では右手中指のマメのため、79球で降板。影響が心配されたが、序盤から力強い投球を披露。8つの三振を奪った。規定投球回数まで21イニングに迫っていたが、この日、7イニングを消化し、残りは14イニングに。残り3登板ですでに到達している規定打席と合わせた史上初のW規定達成を目指す。

 打っては初回の第1打席にレフトフェンス直撃の先制二塁打を放ち、3戦連続安打で昨季に並ぶ自己最多タイの138安打とした。この日は2打数1安打1打点だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c8a927895a830e534c59f31f2833c5a7f2c5c097

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220918-00000060-dal-000-2-view.jpg?pri=l

続きを読む

1 :ひかり ★:[ここ壊れてます] .net

サムネイル ◆米大リーグ レッドソックス—ヤンキース(13日・ボストン=フェンウェイパーク)

 ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手(30)が13日(日本時間14日)、敵地・レッドソックス戦に「1番・中堅」でスタメン出場。56、57号と1試合2本塁打を放った。

 初回先頭の1打席目は三ゴロに倒れたジャッジ。ゴンザレスが同点2ランを放った直後の3回無死走者なしの2打席目は中前安打を放ち、二盗を試みたが失敗に終わった。

 それでも1点を追う6回先頭の3打席目に、レッドソックス先発右腕・ピベッタの初球76・4マイル(約123・0キロ)ナックルカーブを右翼ブルペンに運んで、まずは6試合ぶりの一発で56号。打球速度109・7マイル(約176・5キロ)、飛距離383フィート(約117メートル)という一発だった。

 さらに勢いは止まらず2発目も放ったジャッジ。今季10度目の1試合2本塁打となった。再び1点を追う8回先頭では右腕・ウィットロックからグリーンモンスターを超える左翼への2打席連続弾。大きくうなずきながらダイヤモンドを1周した。

 142試合目での57号は、シーズン162試合に換算すると65本塁打ペース。、1961年マリスが記録したア・リーグ&球団記録の61本塁打超えへ順調にアーチを描いている。

 メジャーでシーズン60本塁打以上を放ったのはボンズ、マグワイア(2度)、ソーサ(3度)、マリス、ルースの5人8度。シーズン最多本塁打は2001年にジャイアンツ・ボンズが記録した73本塁打。
報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/32cc41add9ec8266b2e1d242cce20a7ca02ee62d

続きを読む

1 :鉄チーズ烏 ★:2022/09/12(月) 06:29:03.69 ID:CAP_USER9

サムネイル 2022年09月12日 05時30分
https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/mlb/4437425/

 エンゼルスの大谷翔平投手(28)は11日(日本時間12日)の敵地ヒューストンでのアストロズ戦に「2番・DH」で出場し、初回に3試合ぶりの一発となる34号2ランを放った。

 相手先発は右腕ガルシア。カウント1—2からの4球目、外角低めのカーブをバットの先で拾って右手一本ですくい上げた。角度31度、打球速度100・5マイル(約161・7キロ)で美しい弧を描いて右中間席にに飛び込んだ。先制2ランは飛距離388フィート(約118メートル)のムーンショット。これで登板翌日は今季7本目だ。

 第1戦は左翼翼フェンス最上部直撃の二塁打、第2戦は中堅後方への391フィート(約119メートル)の大飛球と2戦続けて一伸び足りなかっただけに〝3試合目の正直〟だ。ここ12試合で7発の量産態勢。今季88打点目で、日米通算501打点となった。2年連続「40本塁打&100打点」も見えてきた。
https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2022/09/e43d9047fbdc82ccdc10d87acd1ff875-450x296.jpg

続きを読む

1 :爆笑ゴリラ ★:2022/09/08(木) 08:19:20.09 ID:CAP_USER9

サムネイル 9/8(木) 8:04配信
デイリースポーツ

 「エンゼルス-タイガース」(7日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(28)が「3番・指名打者」で出場し、同点の七回に2戦ぶり33号勝ち越しソロを放った。

 3-3の七回の打席。ここまで3打席連続空振り三振の大谷がうっ憤を晴らした。4番手左腕チャフィンがツーボールから投じた内角148キロシンカーを完璧に捉えた。右中間スタンドへ飛距離122メートル、打球角度34度の豪快アーチを架けた。2番トラウトが五回に4戦連発となる32号ソロ。今季8度目の“トラウタニ弾”がさく裂した。

 この日はヤンキースのジャッジがツインズとのダブルヘッダー第1戦で4戦連発となる55号ソロ。メジャー史上7人目のシーズン55本塁打に到達し、大谷との一騎打ちの様相を呈しているMVP争いはさらに激化している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cafeb20f242e4c313bd1c873316e68423c533e5c

続きを読む

1 :愛の戦士 ★:[ここ壊れてます] .net

サムネイル Full-Count 9/6(火) 20:56

タイガース戦で32号を放ちリーグ2位に浮上、投球の進化も顕著だが…

■エンゼルス 10ー0 タイガース(日本時間6日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)に行われたタイガース戦で、今季31号、32号本塁打を放ち、ア・リーグの本塁打ランキングでアーロン・ジャッジ内野手(ヤンキース)に続く2位に浮上した。ここでまた騒がしくなりそうなのが、ジャッジとのリーグMVP争い。MLBアナリストのライアン・スペーダー氏は、大谷がMVPを取れないとなれば「恥ずかしい」とし、その理由に触れている。

 スペーダー氏が自身のツイッターで持論を展開した。MVPは記者投票で決まることを踏まえ「その理由は、オオタニは最終的に去年を上回る成績を残す可能性が高いにもかかわらず、いくつかの全米野球記者協会(BBWAA)に所属する投票権を持つ記者の中に、どういうわけか彼のプレーに飽きてしまっている特定層がいるからだ」としている。

 昨季の大谷は野手として46本塁打、投手として9勝。そして今年は投球の進化が著しく、すでに11勝、打者としても32本塁打。規定打席と規定投球回数の両方に到達する可能性すらある。スペーダー氏は「去年(の活躍)がなくて、もし今年この活躍だったら、彼は間違いなく満場一致でMVPを獲得しているだろう」と指摘。

Full-Count編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/ae20a82935688f882e70f9f2590754a99cecf71c

続きを読む

1 :爆笑ゴリラ ★:2022/09/06(火) 16:03:54.12 ID:CAP_USER9

サムネイル 9/6(火) 12:54
スポニチアネックス

大谷翔平 32号!リーグ単独2位浮上 MVP争い54号ジャッジ追撃、1試合2発

 ◇ア・リーグ エンゼルス-タイガース(2022年9月5日 アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(28)は5日(日本時間6日)、本拠地アナハイムで行われたタイガース戦に「3番・DH」で先発出場。第4打席でこの日2本目、リーグ単独2位となる32号本塁打を放った。

 1試合2発は8月5日(同6日)アスレチックス戦以来。

 タイガース先発は左腕タイラー・アレキサンダー。8月20日の前回対戦では左中間二塁打、右前打、見逃し三振で3打数2安打で、初回の第1打席はトラウト右前打で出塁し、1死一塁から右越え二塁打。走者として2点目のホームを踏んだ。

 3回の第2打席も再びトラウトが左翼線二塁打で1死二塁で迎えた。アレキサンダーが投じた真ん中に入った初球の直球を完璧にとらえて右越え2ラン。打球速度111.4マイル(約179.3キロ)、打球飛距離382フィート(約116.4メートル)、角度19度だった。ア・リーグでは独走するジャッジ(ヤンキース)に次ぎアルバレス(アストロズ)に並ぶ2位タイに浮上した。第3打席は一直だった。

 大谷は前日が休養日で、8月8日のアスレチックス戦以来、今季5度目の欠場。この日は2試合ぶりの試合出場となった。

 ア・リーグMVPを争うヤンキースのジャッジはニューヨークで行われたツインズ戦の6回、2番手のトレバー・メギルから左越えに54号2ランをマーク。3日と4日のレイズ戦を含めて3試合連続で本塁打を記録し、ここ7戦では5本目となった。ジャッジの現時点でのシーズン本塁打ペースは65本。これは1961年にロジャー・マリスが記録したチーム記録の61本を4本上回る計算になる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d40227430e6f759e374ed2a199e1f915fa90323c

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1662436638/

続きを読む

1 :爆笑ゴリラ ★:2022/09/06(火) 16:03:54.12 ID:CAP_USER9

サムネイル 9/6(火) 12:54
スポニチアネックス

大谷翔平 32号!リーグ単独2位浮上 MVP争い54号ジャッジ追撃、1試合2発

 ◇ア・リーグ エンゼルス-タイガース(2022年9月5日 アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(28)は5日(日本時間6日)、本拠地アナハイムで行われたタイガース戦に「3番・DH」で先発出場。第4打席でこの日2本目、リーグ単独2位となる32号本塁打を放った。

 1試合2発は8月5日(同6日)アスレチックス戦以来。

 タイガース先発は左腕タイラー・アレキサンダー。8月20日の前回対戦では左中間二塁打、右前打、見逃し三振で3打数2安打で、初回の第1打席はトラウト右前打で出塁し、1死一塁から右越え二塁打。走者として2点目のホームを踏んだ。

 3回の第2打席も再びトラウトが左翼線二塁打で1死二塁で迎えた。アレキサンダーが投じた真ん中に入った初球の直球を完璧にとらえて右越え2ラン。打球速度111.4マイル(約179.3キロ)、打球飛距離382フィート(約116.4メートル)、角度19度だった。ア・リーグでは独走するジャッジ(ヤンキース)に次ぎアルバレス(アストロズ)に並ぶ2位タイに浮上した。第3打席は一直だった。

 大谷は前日が休養日で、8月8日のアスレチックス戦以来、今季5度目の欠場。この日は2試合ぶりの試合出場となった。

 ア・リーグMVPを争うヤンキースのジャッジはニューヨークで行われたツインズ戦の6回、2番手のトレバー・メギルから左越えに54号2ランをマーク。3日と4日のレイズ戦を含めて3試合連続で本塁打を記録し、ここ7戦では5本目となった。ジャッジの現時点でのシーズン本塁打ペースは65本。これは1961年にロジャー・マリスが記録したチーム記録の61本を4本上回る計算になる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d40227430e6f759e374ed2a199e1f915fa90323c

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1662436638/

続きを読む

1 :爆笑ゴリラ ★:2022/09/06(火) 11:59:28.58 ID:CAP_USER9

サムネイル 9/6(火) 11:40
スポニチアネックス

大谷翔平 3戦ぶり31号!初球完璧、弾丸179キロ ジャッジ54号と同日に リーグ2位タイ浮上

 ◇ア・リーグ エンゼルス-タイガース(2022年9月5日 アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(28)は5日(日本時間6日)、本拠地アナハイムで行われたタイガース戦に「3番・DH」で先発出場。第2打席で3試合ぶりとなる31号2ランを放った。

 タイガース先発は左腕タイラー・アレキサンダー。8月20日の前回対戦では左中間二塁打、右前打、見逃し三振で3打数2安打で、初回の第1打席はトラウト右前打で出塁し、1死一塁から右越え二塁打。走者として2点目のホームを踏んだ。

 3回の第2打席も再びトラウトが左翼線二塁打で1死二塁で迎えた。アレキサンダーが投じた真ん中に入った初球の直球を完璧にとらえて右越え2ラン。打球速度111マイル(約179キロ)、382フィート(約116メートル)、角度は19度だった。これでア・リーグでは独走するジャッジ(ヤンキース)に次ぎアルバレス(アストロズ)に並ぶ2位タイに浮上した。

 大谷は前日が休養日で、8月8日のアスレチックス戦以来、今季5度目の欠場。この日は2試合ぶりの試合出場となった。

 ア・リーグMVPを争うヤンキースのジャッジはニューヨークで行われたツインズ戦の6回、2番手のトレバー・メギルから左越えに54号2ランをマーク。3日と4日のレイズ戦を含めて3試合連続で本塁打を記録し、ここ7戦では5本目となった。ジャッジの現時点でのシーズン本塁打ペースは65本。これは1961年にロジャー・マリスが記録したチーム記録の61本を4本上回る計算になる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/eff1a19c497153f0b6e068910d1f30c439b8b1d0

続きを読む

1 :爆笑ゴリラ ★:2022/09/06(火) 12:57:18.98 ID:CAP_USER9

サムネイル 9/6(火) 12:54
スポニチアネックス

大谷翔平 32号!リーグ単独2位浮上 MVP争い54号ジャッジ追撃、1試合2発

 ◇ア・リーグ エンゼルス-タイガース(2022年9月5日 アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(28)は5日(日本時間6日)、本拠地アナハイムで行われたタイガース戦に「3番・DH」で先発出場。第4打席でこの日2本目、リーグ単独2位となる32号本塁打を放った。

 1試合2発は8月5日(同6日)アスレチックス戦以来。

 タイガース先発は左腕タイラー・アレキサンダー。8月20日の前回対戦では左中間二塁打、右前打、見逃し三振で3打数2安打で、初回の第1打席はトラウト右前打で出塁し、1死一塁から右越え二塁打。走者として2点目のホームを踏んだ。

 3回の第2打席も再びトラウトが左翼線二塁打で1死二塁で迎えた。アレキサンダーが投じた真ん中に入った初球の直球を完璧にとらえて右越え2ラン。打球速度111.4マイル(約179.3キロ)、打球飛距離382フィート(約116.4メートル)、角度19度だった。ア・リーグでは独走するジャッジ(ヤンキース)に次ぎアルバレス(アストロズ)に並ぶ2位タイに浮上した。第3打席は一直だった。

 大谷は前日が休養日で、8月8日のアスレチックス戦以来、今季5度目の欠場。この日は2試合ぶりの試合出場となった。

 ア・リーグMVPを争うヤンキースのジャッジはニューヨークで行われたツインズ戦の6回、2番手のトレバー・メギルから左越えに54号2ランをマーク。3日と4日のレイズ戦を含めて3試合連続で本塁打を記録し、ここ7戦では5本目となった。ジャッジの現時点でのシーズン本塁打ペースは65本。これは1961年にロジャー・マリスが記録したチーム記録の61本を4本上回る計算になる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d40227430e6f759e374ed2a199e1f915fa90323c

続きを読む

1 :jinjin ★:2022/09/03(土) 23:28:04.29 ID:CAP_USER9

サムネイル 「僅差でもないのはクレイジー」ジャッジが圧倒的なMVPオッズに異論噴出! 米識者が「未来を考えてみてくれ」と主張


米オッズは大谷ではなくジャッジを「大本命」に


ジャッジとMVPの座を争う大谷。その行方は米スポーツ界でも小さくない話題となっている。

シーズンの終わりも近づくなか、偉才と怪物による“争い”が激しさを増している。大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)とアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)がトップ戦線に立つア・リーグのMVP争いだ。


互いに今季のパフォーマンスは凄まじいものがある。昨季に続いて二刀流で異彩を放つ大谷は史上初となる「シーズン30本塁打+2桁勝利」を達成するなど投打でチームを牽引。
一方でジャッジも51本もの本塁打を放ち、往年の大打者ロジャー・マリスが61年前に作ったア・リーグ年間記録(61本)超えも射程圏内に入れている。

もっとも、現地で受賞の「可能性が高い」と見られているのは、ジャッジだ。61年間で誰も到達者のいないア・リーグ記録を塗り替えようとしている30歳の怪物スラッガーは、『Vegas Insider』など複数の米オッズメーカーで大谷よりも上を行っている。


『Vegas Insider』のTOP5予想は以下の通りだ。

ジャッジ:-1200
大谷:+500
ホセ・ラミレス:+10000
ジョーダン・アルバレス:+25000
ブラディミール・ゲレーロJr.:+25000


本塁打以外にも、打率.296、OPS1.063、bWAR7.8とあらゆる数字が図抜けているジャッジだけに、評価が傾くのも無理はないのかもしれない。

しかし、一方で大谷を推挙する識者が根強く存在する。
歴史的に見ても稀有なハイアベレージを残している二刀流戦士の貴重性が重要視されているからだ。


「オッズがジャッジを本命にしていて、僅差でもない。これはクレイジーだ」

そう主張するのは、米放送局『ESPN』の番組「Pardon The Interruption」のMCであるパブロ・トーレ氏だ。
彼は直近の国内オッズの動きを受け、熱く論じた。

「オオタニは2位だ。それも大差でね。彼が不利になる意見の大半は、『エンジェルスが酷いから』ってものだ。すべてそこに行きついている。たしかにそれは分かる。エンジェルスはボロボロだ。でも、未来を考えてみたときに考え方は変わるよ。たとえば、孫がいたとして、彼らと野球の話をする。その時にオオタニの物語について語る時に、2022年にオオタニがMVPを獲れなかったというのは狂ってる。おかしいよ。彼は奪三振率でも球界をリードしているのに。普通に考えて、彼がMVPなんだ」


はたして、最終的に「最も価値のある選手」として評価されるのは、大谷か、ジャッジか。
シーズンが佳境を迎えるなかで、両雄のパフォーマンスに世界が熱視線を送っている。


https://news.yahoo.co.jp/articles/da1929bd23eeb055df2fe4410604deba4ca4dddf

続きを読む

このページのトップヘ