サミュエルズ大佐

2ちゃんねるの芸能とスポーツのまとめブログやってます。

カテゴリ: ゲーム

1 :muffin ★:2022/09/17(土) 15:42:49.63 ID:CAP_USER9

サムネイル https://www.j-cast.com/2022/09/16446066.html
2022年09月16日20時21分

プロeスポーツチーム「DONUTS USG」は、バトルロイヤルゲーム「PUBG MOBILE」部門に所属するNaoto選手がツイッター上で不適切な投稿をしたとして、2022年9月16日に公式サイト上で謝罪した。Naoto選手もツイッターで謝罪文を投稿した。

Naoto選手はチームのゲーミングハウスが設けていた「大声禁止」のルールに対し「生きにくい」「今すぐにでも暴れたい」などと不満をあらわにし、ツイッター上で物議を醸していた。

防音対策「即時行って参ります」
Naoto選手は9月15日未明にツイッターで「生きにくい世界だ」とのコメントを添え、「23時以降 大声禁止」「近隣住民の迷惑となります 気をつけるようお願いします」と書かれた張り紙の写真を公開した。住居の騒音対策ルールが記されたものだったが、Naoto選手はユーザーとのやり取りの中で「生きにくいです 今すぐにでも暴れたいです」と不満をあらわにした。

投稿には理解の声があった一方で、マナーを守るべきといった声も聞かれた。Naoto選手はその後、該当の投稿を削除している。

これを受け、DONUTS USGは16日に公式サイト上で文書を発表し、「この度は、PUBG MOBILE部門に所属する『Naoto』選手の不適切な発言によりご不快な思いをされた皆様、また、応援してくださるファンの皆様、スポンサー各社の皆様、および関係各所の皆様にご迷惑とご心配をおかけしたことを、お詫び申し上げます」と謝罪した。

文書によると、Naoto選手が投稿した写真はチーム所有のゲーミングハウスの張り紙で、「近隣住民に対する騒音による迷惑を考えたチームマネージャーの注意喚起」の意味があったとした。チームは「今回の件が起こってしまったことの原因の究明と改善を図る」としつつ、ハウスの防音対策を「即時行って参ります」とした。

また、「当該選手への注意を行うことはもちろん、当社所属の選手やストリーマー、それぞれのマネージャーを始めとする全ての所属スタッフに対して、コンプライアンス意識の徹底を図るべく、継続的なコンプライアンス研修を実施するとともに運営内部の選手やストリーマーの管理体制の強化を行うことで、同じことが起きないよう真摯に取り組んでまいります」とした。

Naoto選手も16日、ツイッターで

続きはソースをご覧下さい

続きを読む

1 :muffin ★:2022/09/16(金) 20:08:14.09 ID:CAP_USER9

サムネイル https://www.j-cast.com/2022/09/16445980.html
2022年09月16日11時38分

プロゲーマーのNaotoさんが2022年9月15日、「23時以降 大声禁止」「近隣住民の迷惑となります」などの注意書きが書かれた貼り紙の写真を公開し、「生きにくい世界だ」とツイートした。

Naotoさんは、「元祖バトルロイヤルゲーム」として人気を誇る「PUBG MOBILE」を中心に活動するプロゲーマーだ。22年1月から、eスポーツチーム「DONUTS USG」のPUBG部門のメンバーとして活動している。 Naotoさんは9月15日未明にツイッターを更新。「生きにくい世界だ」とのコメントを添え、

「23時以降 大声禁止」
「近隣住民の迷惑となります 気をつけるようお願いします」

と書かれた貼り紙の写真を公開した。 注意書きの内容などから、張り紙はNaotoさんの自宅に貼られたものとみられる。

この投稿に対して、ゲームストリーマーとして活動する「のりゆん」さんから「ゲーマー用の物件に引越しましょ!笑」とのリプライが寄せられると、Naotoさんは泣き顔の絵文字を添え「さすがに」と返信。投稿に反応したユーザーに対して、「生きにくいです 今すぐにでも暴れたいです」とも返信していた。

こうしたNaotoさんの投稿には賛否の声が相次いだ。

「ゲームやってるとつい声のボリュームどんどん上がっていきますよね 窓は閉めてゲームやらないとですね」「どの大会も夜間が多いから悩ましいですよね」など一定の理解を示すコメントもあるものの、「あなたが夜中に大声を出す事によって、生きにくいと感じる方がたくさんいるとは思わないのですか?」「は? 夜は静かにせえや」といった批判も相次いだ。

こうした反応を受けてか、Naotoさんは16日朝までに一連の投稿を削除している。

https://www.j-cast.com/images/2022/09/news_20220916113533.jpg
https://www.j-cast.com/images/2022/09/news_20220916113602.jpg

★1:2022/09/16(金) 14:20:56.59
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1663305656/

続きを読む

1 :爆笑ゴリラ ★:[ここ壊れてます] .net

サムネイル 2022.09.11 17:32

スマホアプリ『妖怪ウォッチ ワールド』のサービスが、今年12月23日をもって終了すると発表され、ファンの間に衝撃が走っている。

2018年6月から楽しまれてきた「妖怪ウォッチ ワールド」は、現実世界をモチーフにした3Dマップ上で、妖怪を見つける位置情報ゲーム。

スマートフォンカメラのAR機能を使用することで妖怪が出現し、妖怪をコレクションできる。運営チームは公式サイトにて、サービス終了までのスケジュールを発表した。

購入した分の「妖怪玉」払い戻しに関する情報や、クエスト終了時期などを伝えている。ディレクターの昇耕一氏は、終了理由について「2018年6月のリリース以来、4年に渡って運営してきた本作ですが、様々な社会環境の変化もあり、サービスを継続することが困難と判断し、今回の苦渋の決断となりました」と説明している。


『ポケモンGO』には遠く及ばず…

約4年の歴史に終止符を打つということで、ファンからは嘆きの声が続出。ネット上には、

《僕を支えてくれたゲームと言っても過言ではないほど熱中していました。非常に残念ですが、最後まできっちり見届けます!》
《位置ゲーだけど訪れた街で、色んなことができるから自分にとっては最高のアプリでした。そういう意味では、行動範囲の広い大人向けアプリだったのかな?》
《イベント盛りだくさんでオリジナル要素も強く、毎日遊ばせていただいていました! 最後まで応援しています!》
《課金する人がいなければゲームは終わる。それをしみじみ感じました…》
《妖怪ウォッチブームもついに終焉か、寂しくなるなあ》
といったコメントが溢れ返っている。

「ファンが悲しむ一方、同じように位置情報を利用してプレイするアプリ『ポケモンGO』と比較する人も見受けられます。『妖怪ウォッチ ワールド』は、2016年7月にリリースされた『ポケモンGO』の後を追うように公開されたアプリ。現実世界の建物を3D建物に置き換えて表示させる技術こそ『ポケモンGO』に優っていましたが、やはり人気のレベルが違ったようですね。サービス終了に伴い、長野市で実施予定だったスタンプラリーが中止になるなどの影響があるようです」(ゲームライター)

同アプリはサービス終了後も、「妖怪大辞典」や「さつえいモード」など、一部の機能をオフラインで利用できるアプリを配信予定。サービス終了日は、ファンに愛されるアプリとして有終の美を飾って欲しいものだ。

https://myjitsu.jp/archives/378525

続きを読む

1 :フォーエバー ★:2022/08/28(日) 12:51:11.33 ID:CAP_USER9

サムネイル 8/28(日) 12:01配信

リアルサウンド
〈MCUの「ファミコンゲーム音楽ベスト5」〉

 今回は僕がすごくいいなと思った曲のベスト5を挙げていきます。

(中略)
 2位はサンソフト『ラフワールド』(1990年8月10日発売)。これは度肝を抜かれました。

 発売はファミコン後期ですね。これファミコンなの?っていうね。コナミの『ラグランジュポイント』も聴いていてすごい焦ったんですけど、初めて『ラフワールド』を聴いたときに「ファミコンでこんな音出せるの!?」と思いました。

 所々、音が生っぽいというか……スゴいんですよね。ファミコンの後期に増えた拡張音源を使っているんじゃないかなというぐらい、ROMを拡張させているのかなと思ったんですけど、実は拡張音源ではなく、DPCM(サンプリング音源)を活用しているみたいなんですよね。

 これは本当にカッコいいですよ。ゲームを立ち上げた後、なにかボタン押さない限り、画面も変わらずずっと曲が流れているので、たぶん相当聴かせたいということなんだと思います。

 1位はハドソンの『忍者ハットリくん』(1986年3月5日発売)。曲は国本剛章さんですね。作曲というかアレンジで魅せている楽曲で、そのアレンジの仕方がエグいんです。

 クラシック音楽の『アルルの女』(ビゼー作曲)のメヌエットと『天国と地獄』(オッフェンバック作曲)の序章に、『ハットリくん』のアニメ主題歌(菊池俊輔作曲)のサビの部分をつなげるという。なんの違和感もなくクラシックのアレンジをしていて、しかもハットリくんの主題歌のつなぎ方がぶっ飛んでいると思うんですよね。原曲の拍の取り方も変えていたりして。

 国本さんといえば、ハドソンの『チャレンジャー』(1985年10月15日発売)も有名ですね。これも1面のBGMはクラシック音楽です。『軍隊行進曲』(フランツ・シューベルト作曲)のアレンジですね。国本さんのアレンジは、曲の運びがいつもスムーズなんですよね。

 アレンジ曲とやられたときの効果音等の曲の切り替え方がもう天才的で、間違いなく1位は国本剛章さんの曲なんじゃないでしょうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7c1f290a342818b1c8bedd2a1c1513f18e877051?page=2

続きを読む

1 :牛丼 ★:2022/08/28(日) 07:50:35.80 ID:CAP_USER9

サムネイル 日本テレビ本社(C)週刊実話
8月27日から28日にかけて放送される日本テレビ系夏恒例のチャリティー番組『24時間テレビ45』で、昨年亡くなった作曲家・すぎやまこういち氏の半生がドラマ化されることが発表された。

発表があったのは25日の夜。主人公となるすぎやま氏役は安田顕が務め、代表作である『ドラゴンクエスト』のテーマ曲がいかにして生まれたかも描かれる。また、会場となる東京・両国国技館では、吹奏楽やマーチングバンド部の生徒約40名が、女優・波瑠の指揮で「ドラゴンクエスト」メドレーも生演奏する予定だ。

いずれも、すぎやま氏を讃えるようなプログラムだが、ネット上ではこれに対し、

《音楽は素晴らしいものを残した 思想は残念過ぎる》

《あれだけの極右思想をどう表現するんだ? 番組の趣旨と全く合わないでしょ》

《杉田水脈とのやり取りや稲田朋美の応援歌を作曲した経緯をちゃんと流せよ》

《改憲推進団体「美しい日本の憲法をつくる国民の会」代表発起人としてのエピソードもちゃんと描くんだろうな?》

《寛容の極地をテーマにしている24時間テレビで 不寛容の極地である極右思想の人間を特集する意味が分からん》

《24時間テレビで扱うべき人物ではないのでは?》

などと、批判的な意見も目立っている。どうやら、生前のすぎやま氏の発言や行動が番組テーマにそぐわず、追悼するのはいかがなものかとの認識が広がっているようなのだ。

番組テーマ“多様性の尊重”はどこへ…

これほどに問題視されるとは、生前のすぎやま氏は一体どんな思想を持っていたのか。

「2015年7月、すぎやま氏は保守系放送局『チャンネル桜』の番組で、現在の自民党・杉田水脈議員と対談しました。杉田議員といえば、18年に『新潮45』へ寄稿した〝LGBT差別論文〟が猛批判を浴びましたが、当時も『生産性がない同性愛の人たち』『これは差別じゃないんです。区別なんですね』などと問題発言を連発。そして、すぎやま氏はこれに『区別、うん』『正論ですよ』などと賛同した他、『ガンガン発言してブログが何度も炎上するように書いてください』と、あおることまでしたのです」(フリージャーナリスト)

これはあくまで氷山の一角にすぎないが、こうした発言は、「24時間テレビ」の目的や趣旨からは相反するものだろう。

「『24時間テレビ』といえば、チャリティーを通じて障がい者福祉への理解を促進し、差別への偏見を払拭する一大啓蒙イベント。いわば〝多様性の尊重〟は番組の根幹をなすテーマですから、これを真っ向から否定していたすぎやま氏を英雄的に扱うなど、批判も当然な矛盾に他なりません」(テレビ雑誌編集者)

話題性さえあれば、テーマとの矛盾などどうでも良いのだろうか。
https://weekly-jitsuwa.jp/archives/75897

続きを読む

1 :爆笑ゴリラ ★:2022/08/26(金) 22:02:16.10 ID:CAP_USER9

サムネイル 2022年8月26日 21:47

8月26日、「ヒカキン」(登録者数1090万人)が1枚5000万円のポケモンカードを購入したことを報告しました。

人生初のポケカショップでお買い物
「ヒカキンドリーム企画」と題した今回の企画。ヒカキンはゲームを好きになったキッカケがポケモンだったといい、小学生のときにはポケモンカードを集めていたのだとか。そんなヒカキンが、生まれて初めてカードショップを訪れ、プレミアカードを購入します。

ヒカキンが訪れたのは、秋葉原のポケモンカード専門店「晴れる屋2」。大量のポケカを前に「感動してる」というヒカキンは、まずは昔集めていた初代ポケカから物色していきます。最初は数百円~1000円程度だったカードの値段は、徐々に上がっていき、分厚いガラスケースに収められたレアなカードには数十万円という値段のものも。82万円の「ひかるコイキング」に、ヒカキンは「なんじゃこりゃあ」と声を上げます。

そして店頭には出ていない激レアな商品があると知らされ、別室に通されたヒカキン。店員は次々にレアな商品を持ってきます。
初代ポケカの未開封パック170万円に始まり、「かえんポケモン」のリザードンが「かいりきポケモン」と誤植されている”かいりきリザードン”が200万円など、超高額のカードが次々と登場。ポケカ20周年記念の純金ピカチュウカードに至っては500万円という驚きの金額です。

5000万円の”かいりきリザードン”を購入
そこへ、最後の商品として再び”かいりきリザードン”が紹介されます。このカードは、鑑定評価が最高グレードの「GEM MT 10」で、世界に8枚しかない商品なのだとか。ヒカキンは値段を770万円と予想しますが、実際の値段はなんと5000万円。予想外の高さに、ヒカキンは「え? え?」と驚愕。さすがのヒカキンも怖気づいたようですが、二度と手に入らないほどの商品で、昨年よりも1000万円値上がりしていると聞かされると、心が動いた様子。迷った末、「買いまーす!」と宣言しました。

その後、お金を取りに自宅に戻ったヒカキン。頭をかきむしり、迷いを見せつつも「ここでやめたらダサいよな」と腹をくくります。ヒカキンが現金7000万円が入ったジュラルミンケースを持ってお店に戻ると、店員も「初めてみた・・・」「なにコレ!?」と驚きました。

結局ヒカキンは5000万円の”かいりきリザードン”に加え、500万円の純金ピカチュウなども大量買い。支払総額は6546万円となり、お店のポイントだけで65万ポイントもつくことになりました。

商品を手に自宅に戻ったヒカキンは「価値がどうこうとかじゃなくて、夢です。売るつもりなんか一生ない。僕はポケモンが好きだから」「超大切に保管していきたいと思います」とコメントしています。

https://yutura.net/news/archives/81161
https://youtu.be/Q7phumVPcyE

続きを読む

1 :フォーエバー ★:2022/08/25(木) 20:08:35.76 ID:CAP_USER9

サムネイル 8/25(木) 16:19配信

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、9月15日よりプレイステーション 5の本体価格を値上げする。新しい価格は通常版が60,478円(税込)、デジタル・エディションが49,478円(税込)。従来価格より5,500円の値上げとなる。

【この記事に関する別の画像を見る】

 今回の値上げは、「世界中で発生している物価の上昇や、好ましくない為替の動向」などを受けた「困難な経済情勢の影響」によって実施されるもの。値上げは世界的なものとなっており、欧州、中東、アフリカ、ラテンアメリカ、カナダ、そして日本を含むアジア太平洋の一部の国・地域において適用される。米国での価格の変更はない。

 日本では、PS5通常版が54,978円(税込)から60,478円(税込)、デジタル・エディションが43,978円(税込)から49,478円(税込)となり、それぞれ5,500円の値上げとなった。

 SIEは今回の値上げについて、「現在の世界的な経済環境においてさまざまな産業が変化を余儀なくされる状況下、SIEとしても当社ビジネスへの影響を踏まえ、このたびの価格改定はどうしても避けることのできない決断でした」と説明している。

■PlayStation Blogの当該ページ

 なお、これに合わせてPS5本体と「Horizon Forbidden West」および「グランツーリスモ7」を同梱した4モデルの発売も決定した。値上げ後の価格に合わせた商品になっており、9月15日より順次発売となる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/acb960a3d07b62e07212cc2dd4f667e105e4924b

https://asset.watch.impress.co.jp/img/gmw/docs/1434/779/2.jpg

続きを読む

1 :征夷大将軍 ★:[ここ壊れてます] .net

サムネイル マグミクス8.15

●「残高の追加」は急務!
まず、この8月にすべき最も重要なアクションは、「残高の追加」です。3DSのダウンロードソフト(以下、DLソフト)や追加ダウンロードコンテンツ(以下、DLC)の購入には相応の価格がかかるので、事前に十分な残高をチャージしておく必要があります。

しかし、この「残高の追加」ができるのは、2022年8月30日(火)の午後1時30分まで。回避する方法もありますが(後述)、その手続きを踏まない限り、上記の日時以降は残高を追加できなくなります。

残高がなければ、有料のDLソフトやDLCを購入できません。ゲームソフトならパッケージ版を中古市場などで買う手もありますが、DL専用ソフトやDLCはダウンロード販売のみ。後から「欲しい」と思っても、残高がなければ諦めるほかなくなります。

そうした失敗をあらかじめ回避するため、遅くとも前日8月29日までに、後悔せずに済む額をチャージしておきましょう。なお、現在は残高追加の際は、プリペイドカードの購入が必要です。

●名作をお得に遊びたい? ならば、開催中の「ファイナルセール」は必見!
もうひとつ、この8月にしておきたいのは、DLソフトのセールをチェックすることです。一部のソフトメーカーは、残高が追加できなくなる今月末に先駆け、3DSのDLソフトを期間限定のセール価格で販売しています。また、今回「ファイナルセール」と名付けているメーカーも複数あります。

例えばレベルファイブなら、「イナズマイレブン」シリーズ、「妖怪ウォッチ」シリーズ、「レイトン教授」シリーズ、「ダンボール戦機」シリーズの各作品を、それぞれ500円(税込)で販売中。また、『ファンタジーライフ LINK!』などの単体作品も500円ですし、100円で販売しているソフトも一部あります。

カプコンも、「モンスターハンター」シリーズや『逆転裁判』の『4』『5』『6』をはじめ、多彩なソフトがいずれも500円。セガは、価格にばらつきはあるものの、300円~800円の価格帯が最も多く、こちらもかなりのお得度です。

コアなゲームを好む方には、アトラスのセールがかなりお勧め。こちらのセール価格は各1000円ですが、「世界樹の迷宮」シリーズや「真・女神転生」シリーズなど、遊び応えのある人気作が対象なので、コストパフォーマンスはかなり良好です。歯ごたえのあるRPGを求める方は、ぜひチェックして下さい。

なお、セールの終了日時はそれぞれ異なり、早いものは8月15日に終了します。

●「残高の追加終了」は回避できる! ただし、購入そのものにも期限が
「残高の追加」がもうじき終了すると説明しましたが、8月30日の午後1時30分を過ぎても残高を追加できる方法があります。それは、「ニンテンドーアカウント」と「ニンテンドーネットワークID」を連携し、残高をまとめることです。

ニンテンドーネットワークIDは、3DSやWii Uのネットワークサービスを利用する時に必要なものです。そしてニンテンドーアカウントは、Nintendo Switchやマイニンテンドーストア、スマホ向けアプリなどの機器やサービスを利用するために使うアカウントになります。

このニンテンドーアカウントとニンテンドーネットワークIDを連携させれば、残高の共有が可能になります。共有化の手続きを済ませ、ニンテンドーアカウントにチャージすれば、ニンテンドーネットワークID側でもその残高を使用できるため、実質的に「残高の追加」が可能になると言えます。

いくつかの行程を踏まえるので、その手順については今回割愛しますが、任天堂公式サイトの「サポート」→「 Q&A」にやり方が載っているので、気になる方はそちらをご覧下さい。

この連携と共有を済ませておけば、来月以降も残高を追加できるので、焦る必要はなくなります。ただし、3DSのニンテンドーeショップでDLソフトやDLCを新たに手に入れられるのは、2023年3月28日の午前9時まで。これ以降の新規購入、新規入手は不可能になるので、連携・共有化しても油断せず、欲しいものは期間内にしっかりと入手しましょう。

なお、購入済みのソフトやDLCの再ダウンロードについては、2023年3月28日以降も可能です。しかし、このサービスも将来的には終了する予定なので、その点も留意しておいてください。

●3DSの調子が悪くなっても、修理できず…可能なうちに「引っ越し」も視野に
また、各種サービスの段階的な終了に備え、3DS本体の買い替え・引っ越しの検討もお勧めします。現在、すでに3DS本体および3DS LL本体の修理受付が終了しており、故障しても修理を依頼できません。

※長文の為一部略
https://magmix.jp/post/106317

続きを読む

1 :muffin ★:2022/08/11(木) 18:23:48.84 ID:CAP_USER9

サムネイル https://toyokeizai.net/articles/-/610074
8/11(木) 12:00

この記事ではゲームの専門家である渡邉卓也が、お盆に遊びたいオススメゲームを5つ紹介します。

1:リアルな猫の描写にひたすらこだわった「Stray」
https://youtu.be/4uP2MyUL49s
https://i.imgur.com/myTJ7UD.png

『Stray』は、猫が主人公のアドベンチャーゲーム。ケガをして仲間からはぐれてしまった迷い猫を操作し、地下世界に住むロボットたちと協力して地上を目指す内容になっています。

本作はフランスのゲーム開発スタジオ「BlueTwelve Studio」によって制作されているのですが、とにかく猫の描写のこだわりがすごい作品です。なんせこの開発スタジオ、クリエイターよりも猫の数のほうが多いというのですから。

主人公が猫なので、ソファーで爪を研いだり、気持ちよさそうなクッションで寝てしまったり、あるいは物を落としたりとやりたい放題です。これらは基本的にゲームの進行と関係なく、猫らしさを描くためだけの要素となっています。
中略

2:プレーするたびに気持ちよくなる! ハイスピードで悪魔を狩る「Neon White」
https://youtu.be/AGK4MhhJM2Q
https://i.imgur.com/KJjS6bo.png

『Neon White』は、いかにステージを素早くクリアできるか競う1人用のアクションゲームです。開発は「Angel Matrix」が行っています。
プレイヤーは「ネオン・ホワイト」となり、地獄行きから逃れるためデーモン狩りのミッションをこなしていきます。ステージにはさまざまなデーモンが存在するので、 「ソウルカード」と呼ばれる銃を使って倒しながら、スピーディーなクリアを目指していきます。

本作は同じステージに何度も挑戦してタイムを短くしていく挑戦を楽しむゲームなのですが、仕組みが非常に優れています。細かく目標設定をしてくれているため自然と何度もプレイでき、タイムが短くなっていく喜びを味わいやすくなっているのです。
中略

3:昔ながらのシミュレーションRPGを蘇らせた『トライアングルストラテジー』
https://youtu.be/Ny4kE4POnyo
https://i.imgur.com/qrs6LRz.jpg

『タクティクスオウガ』、あるいは『ファイナルファンタジータクティクス』というゲームをご存知でしょうか。それらが好きだった人に特におすすめしたいのが『トライアングルストラテジー』です。

『トライアングルストラテジー』は、昔ながらのSPRG(シミュレーションRPG)を現代に蘇らせた作品です。物語の舞台となるのは、戦乱下のノゼリア大陸。プレイヤーは「セレノア・ウォルホート」となり、国の命運を左右する戦いに身を投じてゆきます。なお、開発はアートディンクとスクウェア・エニックスが共同で行っています。
中略

4:人々をひきつける多くを語らない表現が魅力! 価格も安い『LIMBO』
https://youtu.be/Y4HSyVXKYz8

『LIMBO』は、デンマークのゲーム開発スタジオ「Playdead」が開発したタイトルなのですが、その不気味な雰囲気とアーティスティックな表現で大きな話題を呼んだ作品です。中略

5:ひきこもり少年が主人公のホラーRPG『OMORI』

『OMORI』はひきこもりを題材にしたホラーRPG。アメリカのゲームデベロッパー「OMOCAT」が制作しているのですが、日本のゲーム「MOTHER」シリーズや『ゆめにっき』から大きな影響を受けているであろう作品です。中略

全文はソースをご覧ください
https://youtu.be/2SL_2VvfLzo

続きを読む

1 :愛の戦士 ★:[ここ壊れてます] .net

サムネイル 『アトランチスの謎』『いっき』などの老舗ゲームブランド「サンソフト」が復活を宣言。8月19日(金)午前11時にYouTubeにて今後のゲームタイトルを発表

電ファミニコゲーマー 8月12日 12時42分

 サン電子株式会社は、ゲームブランド「サンソフト」の復活を宣言し、8月19日(金)午前11時にYouTubeにて今後のゲームタイトルを発表することを明かした。

 「サンソフト」はサン電子株式会社によるゲームブランド。

 70年代後半にアーケードゲームの開発を始め『アラビアン』、『一騎当千』、『カンガルー』などヒット。80年代にはファミコンに進出して『アトランチスの謎』、『いっき』などで存在感を放った。

 近年では少女アルバが野生動物を救うために島で奮闘する『Alba: A Wildlife Adventure』の日本語版の発売を手掛けていたり、スカンジナビアが舞台に先住民の主人公が冒険する『Skabma - Snowfall』のパブリッシャーを務めている。

 今回は、そのサンソフトが8月19日(金)午前11時に同ブランドのYouTubeチャンネルにて、2022年および2023年に発売予定のゲームタイトルに関する計画を情報解禁する。人数限定のクローズドβテストの案内も含まれているという。

 また発表会では、初お披露目となるサンソフトのVtuberが司会進行を務めるという。

 今回、発表されたプレスリリースではサンソフトの歴史を簡単に振り返るものとなっており、そのタイトルは“SUNSOFT is back ! レトロゲームの風雲児「SUNSOFT」が令和に復活!「アトランチスの謎」や「いっき」など元祖クソゲーの名を冠する老舗ゲームブランド「サンソフト」が満を持してReturns!”と銘打たれている。

※続きはリンク先で
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/22663925/
https://i.imgur.com/ojMkvxj.png

続きを読む

このページのトップヘ